今年もやって来ました、古峯神社&古峯園!(その3)

 2015-11-15
この土日は雨で野撮は無理かと諦めかけてましたが、何とか今日の午後に箱の森プレイパークで撮影する事が出来ました。

少しの間だけでしたがドルドルしてリフレッシュ出来たので、明日からの辛い1週間も乗り切れる!(`・ω・´)



ブログの方は記事にするのがかなり遅れてまして、まだ10/30の記事だったりします。

今回は古峯神社&古峯園紅葉狩りレポの最終章となります~


咲夜「ここから見る景色も一段と綺麗ですね~」

「ちょっと太陽が頑張りすぎなんだけどね^^;」

曇ってても駄目だし太陽が照り付きすぎでも駄目だし難しいですね。



ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


日差しが強い時は、下から紅葉を楽しむのもイイですね。




咲夜「あそこに東屋があるんですね」
   「休んでいかないんですか?」


「ん~、休んでる時間が勿体無いのでガンガン撮影するぞ!」

何せこの日は朝飯抜きで撮影に没頭してましたからね^^;





頭上に眩しいばかりに輝く紅葉を発見したので、早速咲夜さんと撮影。

でも、そのままじゃ咲夜さんの顔が暗くなっちゃうので、内蔵ストロボを使用です。





咲夜「太陽拳~~何ちゃって^^;」

「咲夜さん、それをやるならウィッグを外さないと駄目だよw」

いつかウィッグを外してツルツルになった咲夜さんを撮る日が来るのだろうかw





峯の茶屋横の紅葉も大きくて見ごたえがあります。

まだまだ上のほうしか紅葉してませんでしたが。





峯の茶屋まで来ました。




眼下にはつい先ほどまで撮影していた大モミジが見えます。





入り口付近まで戻ってきて、オレンジ色に輝く紅葉を撮影。

日の光があるとホント映えますよね~





咲夜「緑からオレンジ色に変わっていくグラデーションが素敵ですよね^^」

「この庭園の中でいちばん綺麗なグラデーションなんじゃないか」









咲夜「とってもいい雰囲気の日本庭園ですよね」

「よく分からないが、ワビサビってヤツを感じさせてくれるよな」





咲夜「ワビサビってどういう意味なんです?」

「ん~、一言で言うと日本人の心だな!(適当)」

質素で静かなものを指すそうです。(by wiki)




咲夜「それにしてもこの紅葉の色はミカンの皮みたいですよね^^」

「うん、何だか美味そうだw」




大モミジよりも何だかこっちの方がいい感じに撮れてるような気が…。





咲夜「後ろ、順番待ちされてるみたいですよ」

「おっと、あまり長居して独占するわけにもいかないな」

この時間帯は順光バッチリということもあり、人気がありましたね。





日本庭園なので、瓦に生えた苔、そこに紅葉がよく似合う。





綺麗なので撮りまくってたけど、結局は同じような写真を増産するだけだったり^^;

そして、現像で取捨選択するのが大変になるという罠に陥るのは、紅葉狩り撮影あるあるではないでしょうかw





でも1枚でも多く写真に収めておきたいというのは誰しも思っているはず。





そんな感じで3回にわたってお届けした古峯神社&古峯園レポも、そろそろお開きの時間となりました。

来年もまた訪れてみたいですが、今年みたいな紅葉に恵まれるかどうかは運次第ではあります。


では、ここまで見てくださって有り難うございました。



ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ


スポンサーサイト
タグ : 咲夜
コメント
でぃあずさん こんばんはー
三部作とは ずいぶん頑張りましたねー
オイラも古峯神社行きましたが あっと言う間に日が入らなくなり
そそくさと終了 紅葉もチョット遅かったです  

咲夜さん 太陽拳使いでしたかっ(笑)
オイラも頑張ってチルノさんを スタンド使いにしなければ(笑)
【2015/11/16 21:56】 | かつー #ZQMeTpW2 | [edit]
太陽拳!!

なんか呼ばれた気がしたwww

柄物のニーソが綺麗でおしゃれさん。
ftmmが際立ちますね♡(〃∇〃)
【2015/11/17 02:17】 | げる #od3WyVn. | [edit]
かつーさん、こんばんは!

> 三部作とは ずいぶん頑張りましたねー

単に写真の取捨選択が出来なかったばかりに、長編となってしまっただけだったりw
流石に3部作ともなると後半だらけてきますね^^;


> オイラも古峯神社行きましたが あっと言う間に日が入らなくなり
> そそくさと終了 紅葉もチョット遅かったです  

かつーさんも行ったんですね!
ここは夕方早いうちに山の蔭に隠れちゃうので、紅葉撮影ならば午前中がベストでしょうか。
ここの紅葉具合はネットで調べられますので、都合があえばベストな時期に紅葉を楽しむ事が出来ますよ~
http://www.kanuma-kanko.jp/miru/hana_detail.shtml?0:46:0


> 咲夜さん 太陽拳使いでしたかっ(笑)
> オイラも頑張ってチルノさんを スタンド使いにしなければ(笑)

撮ってる時はそんな事は思ってなかったのですが、現像してたらコレ太陽拳じゃね?という事でw
チルノちゃんをスタンド使いにですか!オラオラですねw

【2015/11/17 21:05】 | でぃあず #- | [edit]
お疲れ様です。また覗かせていただきましたw

紅葉がとてもキレイですね。日々の生活では自然をゆっくり見て廻ることなど無いですが、写真だけでも癒されますね。行ったつもりで良い気分転換になりました。感謝ですww
にしても、咲夜さんはちょっぴり気が強そうですがとても上品で、キレイな娘ですね・・・。個人的には目が好きです。大事になさって下さいw
【2015/11/17 21:08】 | 真人 #- | [edit]
げるさん、こんばんは!

> 太陽拳!!
>
> なんか呼ばれた気がしたwww

げるさんのリアル太陽拳は強そう(小並感)
目線入りでげるさんのリアル太陽拳写真をぜひTwitterにw


> 柄物のニーソが綺麗でおしゃれさん。
> ftmmが際立ちますね♡(〃∇〃)

柄物ニーソは今まで全く買ってなかったのですが、最近になってソックスのお洒落に目覚めました^^
女の子はどんなに寒くてもftmmアピールは必要ですね!(`・ω・´)
今度のイドルでも柄物ソックスを仕入れてこなくては(使命感)

【2015/11/17 21:11】 | でぃあず #- | [edit]
真人さん、いらっしゃいませ~、こんばんは!

> 紅葉がとてもキレイですね。日々の生活では自然をゆっくり見て廻ることなど無いですが、写真だけでも癒されますね。行ったつもりで良い気分転換になりました。感謝ですww

日々仕事に追われる毎日でたまった鬱憤を晴らすためにも、ハイキングなどで自然と戯れるのもリフレッシュ出来て良いですよ~
もっと色んな場所を開拓していきたいのですが、どうしても去年撮影した場所に行ってしまいます^^;
1シーズンでそう何箇所も回れないので、結局は去年と代わり映えしない写真になってしまうこともありますがw


> にしても、咲夜さんはちょっぴり気が強そうですがとても上品で、キレイな娘ですね・・・。個人的には目が好きです。大事になさって下さいw

ありがとうございます!
私が最初にお迎えしたドールが咲夜さんなので、やっぱり思いいれはありますね~
私は基本的に釣り目が好きなんですよね^^
元はあの有名な東方のメイドですが、東方に疎い私なので、好き勝手に自分好みの咲夜さんを作ってます^^;

【2015/11/17 21:18】 | でぃあず #- | [edit]
こんばんは~。

何処を向いても見惚れるばかりのThe 日本庭園。
紅葉も然ることながら、藁葺き屋根に大きな池、これだけ絶景があれば迷っちゃいますよね~。

瓦の写真も「直線!」って感じで面白い!

咲夜さんが太陽拳で気を逸らしているようだが、見えそうで…見えっ…ない!
【2015/11/17 22:10】 | ステルス紳士 #- | [edit]
ステルス紳士さん、こんばんは!
コメント返信が遅れてしまいスイマセン><

> 何処を向いても見惚れるばかりのThe 日本庭園。
> 紅葉も然ることながら、藁葺き屋根に大きな池、これだけ絶景があれば迷っちゃいますよね~。

ここは紅葉の時期がいちばんかもしれませんが、紅葉がしてなくても日本庭園としての見ごたえはバッチリあるんですよね~
入園料が300円と安いのもポイント高いですね^^
まぁ、その安さもあって結構な人で混むんですけどね^^;


> 瓦の写真も「直線!」って感じで面白い!

いつもと違う写真を、と思って撮ったらあんな感じになりました。
毎年来てると同じような構図の写真ばかりになってしまうので、どうアクセントを付けていくか悩みどころです^^;


> 咲夜さんが太陽拳で気を逸らしているようだが、見えそうで…見えっ…ない!

確かに私も太陽拳に目が行ってしまってましたが、実は下のほうが危ない状況でしたねw
流石は咲夜さん、鉄壁のガードでした。

【2015/11/21 21:55】 | でぃあず #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://dears102.blog.fc2.com/tb.php/853-72cc678e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫