スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

紅葉を求めて那須岳へ(その1 出発~中の茶屋跡)

 2015-10-09
もう1週間前になりますが、10/3(土)に那須岳の茶臼岳に紅葉を見に行ってきました。

既にNHKのニュース等で紅葉見頃と放送されており、ハイシーズンの休日ともあって、早朝から大混雑が予想されましたので
日の出頃の5時半前には着くようにと4時には家を出ました。

しかし、去年の経験上、5時半着では茶臼岳や朝日岳の登山口に一番近い、峠の茶屋駐車場(1,462m)はほぼ無理なので
そこから70mほど下がった場所にある、那須ロープウェイ駐車場に止められればいいなぁと思ったのですが…。


ロープウェイ駐車場に近づくにつれて、だんだんと渋滞が酷くなり、あと50mくらいまで来たところで完全に止まってしまいました。

ロープウェイ駐車場は第1から第3まであり、合計190台程度は止められますので5時半前に満車になるとは思えませんでしたが、
そのまま待ってるのも時間の無駄だと思い、Uターンしてロープウェイ駐車場から120mほど下った場所にある
大丸駐車場(1,266m)に車を止めました。


後で知ったのですが、今年の10/3(土)、4(日)、10(土)、11(日)、12(月)、17(土)、18(日)は混雑緩和対策として
第1~3全てのロープウェイ駐車場は朝7時15分まで閉鎖するみたいですね。

運よくUターン出来たから良かったものの、完全に渋滞にはまってたら、7時15分過ぎまで無駄な時間を過ごすところでした。

まぁ、情弱な私が悪いのですが^^;



57台ほど止められる大丸駐車場もそこそこ埋まってきていて、あと十数分遅れていたらここも満車になっていた事でしょう。

峠の茶屋駐車場から200mも下の駐車場になってしまいましたが、ハイシーズンの土日ならば、ここに止められただけでも
御の字のようです。

日の出を見ようと車を出ると、10数℃しかない気温に身震いし、慌てて長袖を重ね着しました。

後々この長袖重ね着に苦しむことになるのですが…。


ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


大丸駐車場で御来光を拝むことになりました。

これからの登山の無事を祈っておきます。




朝日岳が文字通り朝日に染まって息を呑む美しさでした。





大丸駐車場から30分ほどかけて、ロープウェイ駐車場まで辿り着きました。

ここまで既に120mほど登ってきたことになります。

既に登山は駐車場から始まっているのです!(`・ω・´)





ロープウェイ駐車場から更に20分ほど登って、ようやく峠の茶屋駐車場まで来ました。

ここまでろくな休憩を取っていなかった為、既に息が上がってます(´・ω・`)

駐車場はご覧の通り満車ですね。

ここに止める人たちはテントを持参したり、寝袋で車中泊したりするツワモノ揃いですので、せめて4時ごろ着く様にしないと
止められないのではないでしょうか。

休憩も兼ねて駐車場で少し野撮をする事にしました。





既にTwitterで呟いてますのでご存知かもですが、今回の紅葉登山のお供はみらいちゃんです^^

みらい「今日は初登山なのでドキドキします^^」

「今日は天気も良さそうだし最高の1日になりそうだね~」





登山用にと買った本格的なドール用リュックですが、本物の登山で使うのは今回が初めてですね。

あと、スマドのような60cmクラスのドールを連れての那須岳登山は初の試みとなります。

登山用リュックに60cmドールを入れるとなると、膝を折って入れるしかなく、
ドールだけでリュックの中が半分くらい占めちゃいます。




みらい「駐車場がかなり賑やかですね」

「今から登ろうとして準備してる人が沢山いるみたいだね」

少しでも人目につかないようにと車の陰に隠れてはみたものの、通路上の人たちからは丸分かりなのでした。





みらい「ここからが登山本番なんですね」

「登山口はまだ先にあるんだけどね」





案内図のところでも数枚撮影。

数m横には準備中の登山者がいるので迅速かつ冷静にことを進めます。





そして、いよいよ駐車場から1歩を踏み出します。

今回のルートは、峠の茶屋駐車場 → 峰の茶屋跡避難小屋 → 姥ヶ平 → ひょうたん池 → 牛ヶ首 → ロープウェイ山頂駅
で、最後はロープウェイで駐車場まで下りてくる計画です。





この登山指導センターは登山者カード記入所になっていますので、書こうと思って中を見たら記入用紙が空でした。

既にかなりの数の登山者が山に入っていった事が想定されます。






みらい「ここが登山口なんですね」

「そうだよ、皆記念写真撮ってるから俺らも撮っておこうか」





みらい「山の神の鳥居がありますよ」

「この茶臼岳は明治の頃は硫黄の鉱山で、その鉱山に行く鉱夫の安全を守る為に立てたみたいだね」





数年前に建て替えられたまだ新しい鳥居をくぐり、いよいよ登山開始です。

と言っても、小学生の遠足で登るくらいの山ですので、茶臼岳はかなり初心者に優しい山ですが^^;






しばらくは急な上り坂が続きます。

視界も開けてないので、ただ黙々と登っていくだけですね。




ここで唐突ですが、この日の登山で、やっちまった事が3つあります。


1つ目は何と、帽子を忘れてきてしまいました><

この日のようなピーカンの登山では紫外線がドカドカ降り注ぎますので、帽子は必須と言っていいでしょう。

途中で買おうかとも思いましたが、早朝空いてるコンビニなんかでは売ってるはずもなく…。

仕方がないので、パーカーのフードを被って誤魔化してました。

ただ、気温があっという間に上がって1,500mでも25℃はあるかという暑い日でしたので、
フード被ってると暑くて仕方なかったですね><



そして、2つ目は何枚も長袖を重ね着してきてしまった事です。

大丸駐車場から登り始めた頃は気温も10数℃しかなかったので丁度良かったのですが、
もうこの辺りでは20℃くらいになっていたのか、暑くて暑くて仕方なく、
重ね着してきた上着2枚を脱いで、Tシャツに薄手のパーカーだけになってしまいました。

これらの上着はもう着ることはなく、ただリュック内の圧迫するだけの荷物と化してしまいました。

ただでさえスマドが入ってすし詰め状態のリュックでしたので、パンパンに膨れ上がってましたw



3つ目は…忘れなかったら最後の方に書こうと思います。




森林限界が近づいてきてるので木々が疎らになってきました。

峰の茶屋跡避難小屋の中間地点である中の茶屋跡までもう少しです。






そして、登山開始から30分あまりで中の茶屋跡に到着です。

去年2回登った時は、曇りだったり強風だったりと天候に見放されてましたが、今年は素晴らしい天候に恵まれました。

風も無風と言っていいくらいで、ほとんど吹いてませんでした。






朝日岳(1,896m)の紅葉が青空の下に映えます。





今年の那須岳の紅葉は1週間から10日ほど早かったみたいですね。

何だか年々早くなっているような気もしますが。






人の力など入っていない自然のままの紅葉に目を奪われます。





みらい「向こうの山の紅葉が綺麗ですよ~^^」

「ハイシーズンなので人が多いのは仕方ないにしても、この紅葉と天気は大当たりだね」





みらい「兄さん~上手く撮れてますか?」

「ちょっと俺の影が写っちゃったけど大丈夫じゃないかな」





みらい「気持ちいいですね~♪」

「絶好の登山日和だし、何よりも俺の体調も絶好調だしね~」

お腹が弱い私なので、朝から万全な体調というのは結構稀だったりします。

途中でお腹が痛くなっちゃったりしたら下山決定ですからねぇ。






こんな感じで座らせて撮ってます。

強風の場合は足を持ってないと吹き飛ばされますが、この日は手を離しても全く問題なかったです。






みらいちゃんの髪は登山の邪魔にならないようにサイドポニーテール風に縛ってきました。





みらい「まだ月が見えるんですね~」
    「太陽と月が一緒に見れるなんて不思議な感じがしますね」


「早朝登山で月が見えるのは当たり前っぽいけどね^^」





と、ここで撮影してると、後ろからギャハハと数人の笑い声が。

『なにアレ?冗談?信じられない~』
『うっそ、マジ?何考えてんの』

等など、それはもう大きい声が聞こえてきましたよ。

当然の事ながらその笑い声の主の視線は私に向けられているのは確実なわけで。

もうやめて!でぃあずの精神ポイントはゼロよ!!


クスクス笑いならまだしも、大声で笑われるのは初めてで耐性が無かったので、かなりグサグサっと来ましたよ。

まぁこんな場所でドール撮影してるオジサンがいけないのですが、そんなに苛めないでください;;







みらい「兄さん、元気出しましょう!」
    「まだ登山は始まったばかりですよ」


「うう、そうだね。こんな天気の良い日に登れるなんてあんまりないかもだしね」





かなり落胆したので、この撮影の後はもうドール撮影無しで行こうかとも思いましたが、
みらいちゃんを引き続き撮ってるといくらか気分が落ち着いてきたので、もうちょっと頑張ることに。





そうこうしてる間にもどんどんと登山者が登って行きます。

みらい「皆さん、どこに向かってるのでしょうね」

「ん~、こんな早朝登山だと、1つくらいの登頂じゃ終わらないだろうね」
「茶臼岳や朝日岳、三本槍岳など全部登っちゃう人もいるかもね」





「よし、じゃあ俺たちも先を急ぐとするか!」

みらい「はい!兄さん^^」


というわけで、いったい何パートになるか分からない那須岳紅葉登山編スタートです。

次回もお付き合いいただけたら幸いです。



ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ


スポンサーサイト
タグ : 末永みらい
コメント
こんばんは。

気温の差が激しいと苦労しますよね。

今回は、みらいちゃんに、はげまされたようで何よりです。
【2015/10/10 17:28】 | 鳴らない携帯 #- | [edit]
こんばんは~
みらいちゃんと登山楽しそう♪
アイにきれいに光が入っていて生き生きしてますね!
3つ目は飲み物を忘れたんでしょ(笑)
【2015/10/10 21:03】 | メキタン #- | [edit]
鳴らない携帯さん、こんばんは~

> 気温の差が激しいと苦労しますよね。

ほんと、そうですよね~
朝寒いくらいに冷え込んでいたと思ったら、昼間は半袖でもいいくらいの暑さでしたし。
山はどんな天候に変わるか分からないので、つい防寒具を多めに持っていってしまうんですよね^^;


> 今回は、みらいちゃんに、はげまされたようで何よりです。

あそこで止めたら、みらいちゃんを連れてきた意味が半減しちゃいますからね。
気持ちを落ち着かせて、その後のドール撮影に臨みました^^

【2015/10/11 17:30】 | でぃあず #- | [edit]
メキタンさん、こんばんは~

> みらいちゃんと登山楽しそう♪
> アイにきれいに光が入っていて生き生きしてますね!

スマドはプロポーションがいいのでMDDよりかなり目立ちます^^;
今回もかなりの試練が待ってましたが、乗り越えた先には感動もありましたよ~
とりあえずアイに光が入るように順光でほとんど撮ってました^^


> 3つ目は飲み物を忘れたんでしょ(笑)

飲み物は・・・残念!持って行きましたよ~
まぁ、忘れても駐車場近くの自販機でいくらでも買えたりしますがw

【2015/10/11 17:33】 | でぃあず #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://dears102.blog.fc2.com/tb.php/839-687fcd38

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。