スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

栃木の魔境、往復5,000m!熊も生息する原生林に決死の強行軍! 倒木を超えた先に幻の滝を見た!!【八方ヶ原・雷霆の滝編】

 2011-10-30
ナレ『10月29日(土)、日の出とともにベースキャンプ(自宅)を出発した我々は、
   一路、栃木県北西部に広がる、八方ヶ原を目指した!』


ナレ『この美しい滝を見るために、我々探検隊に課せられた任務は困難を極めた!』

探検隊って何?ナレって誰? と、突っ込みどころ満載ではありますが、
雰囲気を楽しんで頂けたらと思います。

本編は畳みます。

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

ナレ『八方ヶ原、山の駅たかはらに着いた時刻はAM6:40』

  『ここ八方ヶ原は、高原山の東中腹に広がる標高1,000~1,200m、
   約20kmに広がる広大な台地である』


ナレ『朝日が射し、紅葉美しいその山並みとは対照的に、静まり返る駐車場』

  『その不気味なほどの静けさは、これから起こるだろうと思われる大冒険を、
   予期しているかのようだった!』

咲夜「あの・・・ご主人様? 冒頭から喋り捲ってるこのナレの人はどちらさまでしょうか?」

でぃあず「川口・藤岡探検隊シリーズのナレーションと言ったら、田中信夫さんだろうJK」

咲夜「常考と言われましても知らないのですが・・・」

  「それに今回の旅は探検なのですか?」


でぃあず「まぁ、人跡未踏の地というわけではないが、かなりの強行軍になるのでヨロシク」

咲夜「確か家を出る時は、
   いい天気になりそうだから紅葉を見に行こうねって言ってたはずなのに・・・」



学校平の駐車場脇に、ハイキングコースの案内板がありました。

でぃあず「ふむふむ。滝まで行く遊歩道があるようだな。行ってみるか?」

咲夜「はい、ご主人様」(ケースの中から返答)




ナレ『遊歩道に一歩足を踏み入れた我々の目の前に広がったのは、
   紛れも無い大自然の姿だった!』

  『早朝な為、あまり朝日が差し込まない遊歩道は、
   一種の不気味ささえ感じられるほどである』

  『まだ、なだらかに下っているだけのその遊歩道からは、
   この先に待っている苦行等、微塵も感じさせてはいないようだった』

咲夜「このナレ、ずっと続くんですか?」

でぃあず「たまに挟むだけだよ。雰囲気出るだろ?」

咲夜「ご主人様がかなりの探検隊好きなのは分かりますがね」

でぃあず「あと、行程が分かるようにその時の時刻を記しておくよ」
(6:47)



でぃあず「この辺、ちょっと景色がいいので撮影しようか」

咲夜「はい、ご主人様」




咲夜「わぁ~、空気が美味しいですね~」

  「森の匂いって言うんですか。何だか凄く癒されます^^」


この日の為に用意した、長袖ハイネックにニットベストにチェックスカートで秋武装しました。
(6:55)










遥か下を望める、ちっちゃな橋があったので、ここでもパシャリ。

咲夜「紅葉が綺麗ですね~♪」

  「でも早朝なので、ちょっと寒いですね^^;」


でぃあず「仕方ないだろ。こういう秋晴れで紅葉シーズン真っ只中の今は、
     観光客でごった返すのは必然なので、咲夜さんとの撮影は
     早朝しか選択肢がないんだよな」

流石にまだ朝7時だけあって、私の他には誰もこのハイキングコースには入っていないようです。

写真は撮り忘れましたが、【クマ出没注意】の標識があり、ドキッとさせられました。
(7:02)






この辺りから急に下りの傾斜がきつくなってきます。

普段運動というものを全然していない私にとって、この勾配は膝にかなりの負担を与えます。

この時は、同ルートを戻る事など全然頭に無かったので、後で最大の試練が訪れるわけですが・・・。
(7:13)


この辺りまで来ると、水の流れる音とともに下方に沢が見えてきます。

いよいよ最初の目的地である【雷霆(ライテイ)の滝】も近いようです!
(7:18)




黄色や赤など所々に紅葉している木々があり、神秘的なムードを醸し出してます。

咲夜「まだ全体には赤くなってませんので、少し早いのかもしれませんね」

でぃあず「八方ヶ原は見ごろを迎えていますと、WEBサイトに載ってたから来て見たのだが、
     場所によっては今ひとつなんだな」

ここまでは万事上手く行っていたかのように見えました。

ナレ『その直後、我々は大自然の驚異となるものと遭遇することになる!』
(7:20)


ドギャーン!! (効果音)

ナレ『ふいに我々探検隊の進路を塞いだその物体は、
   直径が1mもあろうかという倒木の姿だった!!』

  『まるで我々をここから先に行かせまいという、何者かの強い意思が感じられるようである』

  『根元から完全になぎ倒され、後は土に還るだけとなった巨木を死に追いやった元凶は、
   先の東北大地震なのであろうか』

  『いずれにせよ我々は、今後の進退について重大な決断を迫られる状況となったのである』


咲夜「ねぇ、ご主人様。ナレの人が凄く煽ってますけど、実際問題どうされるのでしょうか?」

でぃあず「無論、進むぞ」

    「ここまで来ておいて、目標を達成せずに帰るなど、探検隊の意に反するからな」

咲夜「転んだりして、私を踏み潰さないように注意してくださいね」




ナレ『所々に立てかけられている落石注意の看板の周りに転がる巨石群』

  『その異様な光景を目の当たりにした我々は、
   いつ崩落するかもしれない危険な場所に居るのだという事を再認識したのだった!』

ガサッ!

  『ふいに前方の茂みから音がした!』

  『我々の脳裏にクマ出没注意の看板がよぎる』

  『早朝から彼らのテリトリーに分け入った我々に対して、ついに牙を剥いたのであろうか!』

  『なんと、10数メートル先の茂みから姿を現したのは、
   一頭の立派なニホンカモシカだった!!』

  『対峙すること、ものの数秒であっただろうか』

  『ニホンカモシカは急に踵を返し、後方の茂みの奥深くへ姿を消した』


でぃあず「ふぅ・・・クマかと思って一瞬凍りついたじゃないか・・・」

咲夜「私はともかく、ご主人様だったら命が危なかったかもしれませんからね・・・」

でぃあず「そう言えば県民の森の森林展示館に書いてあったな」

    「一人で森に入る場合は鈴を付けろとかどうとか」

    「今度からちゃんとした鈴を付けて入ろうと真面目に思ったわ」

    「しかし、野生のカモシカを撮影出来た絶好のチャンスだったのにな・・・」

    「びっくりしてて、我を忘れてたわ・・・残念」




ドギャーン!!(効果音)

ナレ『我々の前方に、ついに雷霆(ライテイ)の滝が姿を見せた!』

  『岩肌を縫うようにして流れ落ちる白い流れは、
   まるで天から雷が落ちているかのようである!』

  『それは、先ほどのカモシカ出没で動揺している我々の心を鎮めてくれるには、
   十分すぎるほどの美しい光景であった!!』




咲夜「ようやく着きましたね、ご主人様」

でぃあず「ああ、思っていた以上に勾配がきつくて大変だったよ・・・」

    「途中でハイキングルートを外れた事も何回かあったしな」

    「大体、こんな普通のジョギングシューズで来る事自体がおかしいんだよ」

    「しかも、背中にリュックじゃなくて、肩にお前のキャリングケースだぜ」

    「それに、首には重たいデジイチぶら下げてるし・・・」

    「ケースの中は350mのお茶のペットボトルと、おにぎり2個と後、ぶつぶつ・・・」

咲夜「ほ、ほらっ、ご主人様! 滝の近くに大きな岩がありますので、
   あそこに座って休みましょうよ」


でぃあず「まぁうだうだ言ってても始まらないから、ちょっと小休止にするか」
(7:30)








咲夜「何だか心が洗われるようですね~

でぃあず「なんだ、お前は洗わなければいけないほど汚い心をしていたのか?」

咲夜「もののたとえですって」




咲夜「見てください、ご主人様!水が透明で綺麗ですよ!」

でぃあず「確かにそのまま飲めそうなほど透き通ってるよな」

    「どうでもいいけど、咲夜さんって意外と度胸あるんだな」

    「その場所、実は結構危険なんだぜ」

    「落ちても助けてやれる自信がないわ」

咲夜「ご主人様の意地悪~
(7:41)


ナレ『我々の最終目的地はここではない』

  『十分とは言えないが、その滝から少しばかりのパワーを貰った我々は、
   次の目的地へと向かう事となった!』

  『その先にいかなる困難が待ち構えていようと、
   それを乗り越えていくのが我々探検隊の使命なのである!』

咲夜「ナレの人が勝手にハードル上げちゃってますが、どうしましょうか?」

でぃあず「う~ん。次回以降の出演は考え直すかなぁ・・・」

咲夜「とりあえず地図で言えば次は、らいていの吊橋になりますね」

でぃあず「ああ、あまり遅くなって、他のハイキング者と鉢合わせもしたくないから、
     先を急ぐとするか」
(7:44)

咲夜さんが入ったケースがずっしりと右肩に食い込む。

ともすれば、このまま帰路につきたい気持ちを必死で抑えつつ、次の目的地へと向かうのだった。

そこにまだ見た事のない光景と、体験した事のない感動を求めて。

続く。

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ : 咲夜
コメント
だんだん野外撮影の秘境度がアップしていっているような・・・・・・。
一枚目の、何かを成し遂げたものだけができる表情が実に清々しいです。
さりげなくブーツ裏面のデコボコが軽くサバイバル仕様なのも良いですね。
【2011/10/30 21:16】 | fushiana11 #- | [edit]
川口浩がぁ~♪洞窟にぃ入るぅ~♪

いやいやタイトルだけで十分理解しましたよ(w
この煽る様な長いタイトルっ!まさにアノ番組ですね!!

咲夜さんもこの探検に同行乙ですっ!!
途中倒木の部分などドキドキしてしまいましたよ~!
しかしっ!探検隊は前に進むしか無いですよね?
例え『底無し沼』だろうと『未開のジャングル』だろうとっ!!

野生の鹿?車でちょっと入れば居ますが何か?(www


【2011/10/30 22:33】 | thieri #- | [edit]
咲夜さんの秋模様、とっても素敵ですね~
ブーツがまた探検の雰囲気を感じさせてくれます(=´∇`=)

咲夜さんを危ない目に合わせないように気をつけてくださいねっ
次回も期待してますw
【2011/10/30 23:20】 | むらまっは #- | [edit]
咲夜さんの服装も秋らしくなってきていい感じですね(´ω`)b
最後から2枚目のやつなんかは今に川にダイブしそうな勢いに見えて危険ですが・・・w

それにしても野生の鹿やら熊やら・・・気をつけてくださいね!

自分の勤め先も、駅前で住宅街なのにフクロウやら、狸やら蛇が出ますよーw(何
【2011/10/30 23:34】 | しきぶ #- | [edit]
fushiana11さん、コメント有難うございます!

> だんだん野外撮影の秘境度がアップしていっているような・・・・・・。
確かに最初はただのダムでしたからね^^;
でも、これ以上の秘境に行くと、クマと鉢合わせする確率が格段にUPしますので、
ハイキングコースは外れないようにしたいと思います^^;

> 一枚目の、何かを成し遂げたものだけができる表情が実に清々しいです。
言われてみればそういう満足気な表情に見えますね^^
運動不足の私にとっては、ここまで来るだけでも重労働でしたので、
こういう写真が撮れただけでも来て良かったと思いますね(^^)

> さりげなくブーツ裏面のデコボコが軽くサバイバル仕様なのも良いですね。
そこに気が付かれるとはお目が高い!
実際に私の履いてた運動靴よりも、咲夜さんのブーツの方がよっぽどサバイバル仕様でした・・・。
【2011/10/31 18:08】 | でぃあず #- | [edit]
秋の山は綺麗でいいですよね♪
それにしても山奥に結構入ってるんですねw

外で撮影はまだしたことないのでしてみたいんですけど、どうしても近所ではできないのでどこか遠くの地方で撮影しに行きたいですね。

車持ってからどこかへ行くことにしますw
【2011/10/31 18:10】 | アオケン #LkZag.iM | [edit]
thieriさん、コメント有難うございますー(^^)

> 川口浩がぁ~♪洞窟にぃ入るぅ~♪
懐かしい歌ですね^^
当時は結構はやりましたからね~

> いやいやタイトルだけで十分理解しましたよ(w
> この煽る様な長いタイトルっ!まさにアノ番組ですね!!
初めはそれほど探検ムードではなかったのですが、倒木を過ぎた辺りから
その気になってきまして、この滝に着いた頃には、ブログの内容は
アノ探検隊で行こうと決めてましたw
目茶目茶体力を消耗したからでもありますがね^^;

> 咲夜さんもこの探検に同行乙ですっ!!
> 途中倒木の部分などドキドキしてしまいましたよ~!
> しかしっ!探検隊は前に進むしか無いですよね?
> 例え『底無し沼』だろうと『未開のジャングル』だろうとっ!!
倒木は確かにびっくりしましたね~
この先に行ってもいいのだろうかと、ちょっと考えましたね。
まぁ、結局は記事どおり先に行ってしまったわけですがねw
探検隊と名乗ってしまった以上、目的を達成せずに帰る事はありえません^^;

> 野生の鹿?車でちょっと入れば居ますが何か?(www
おお、そんな近くに生息してるのですかー
今回はあまりにも突然の出来事でしたので、カメラを構えることなど
すっかり忘れてました^^;
クマじゃなかったという安堵感の方が強かったせいもありますね。
【2011/10/31 18:18】 | でぃあず #- | [edit]
むらまっはさん、コメント有難うございます!!

> 咲夜さんの秋模様、とっても素敵ですね~
> ブーツがまた探検の雰囲気を感じさせてくれます(=´∇`=)
ブーツも好評なようで、有難うございます~(^^)
この衣装、オクでの入手品なので結構値が張ったりしてますが、
無事に秋風景に溶け込んでくれたようで、ほっとしています。
次は冬服を揃えないとね・・・^^;

> 咲夜さんを危ない目に合わせないように気をつけてくださいねっ
> 次回も期待してますw
お気遣いありがとうございます!
野外撮影は、スタンド無しで地面に立たせるだけでも危険行為ですからねぇ。
倒れて、顔面に岩とかがヒットした日には目も当てられなくなりそうですが・・・。
いちおう最大限の注意ははらっているつもりですが、いい写真を撮りたいがために
だんだん無茶をしそうで怖いですw
【2011/10/31 18:24】 | でぃあず #- | [edit]
しきぶさん、コメントありがとうございますっ

> 咲夜さんの服装も秋らしくなってきていい感じですね(´ω`)b
この日の為に購入していた下ろし立ての服でしたが、いい感じに
映ってくれたようで胸をなでおろしています^^

> 最後から2枚目のやつなんかは今に川にダイブしそうな勢いに見えて危険ですが・・・w
確かに見ようによっては、今から飛び込むような感じにも見えますね^^;
でも、意外と岩の上は平坦でしたので、そのままずるずると滝の方に落ちることはなかったです。
いちばん危険なポーズは、なんといっても補助無しで、ただ立たせる場合ですね。
下が水平な部分が野外ではなかなか無いので、立たせるだけでも一苦労です><

> それにしても野生の鹿やら熊やら・・・気をつけてくださいね!
鹿ならともかく、熊はお断りですね^^;
鈴も何もなかったので、鹿が出たあとは、声をあげながら進んでましたw

> 自分の勤め先も、駅前で住宅街なのにフクロウやら、狸やら蛇が出ますよーw(何
どんだけいっぱい出るんですかw
逆を言えば、人間が動物の居場所を侵食してきたので、仕方なく街中に出てきたのでしょうかね。
蛇は蛇でも、毒蛇は勘弁願いますw
【2011/10/31 18:35】 | でぃあず #- | [edit]
アオケンさん、コメント有難うございます~♪

> 秋の山は綺麗でいいですよね♪
> それにしても山奥に結構入ってるんですねw
去年までは紅葉を見に山に行くなんて考えられませんでしたが、
咲夜さんをはじめ、娘達が居ますと、紅葉をバックにいい写真を
撮ってやりたいと思うようになってきました^^
まぁ、ハイキングコースなのでそんな山奥ってほどではありませんが、
ここまで来るにはそれなりの装備と度胸と体力が必要なのかもしれませんね。

> 外で撮影はまだしたことないのでしてみたいんですけど、どうしても近所ではできないのでどこか遠くの地方で撮影しに行きたいですね。
あまり近所だと、知り合いと鉢合わせする確率が高いですからねぇ。
なにもやましい事はしてないのですが、どうもコソコソしちゃいますね^^;

> 車持ってからどこかへ行くことにしますw
車があると移動距離が格段に広がりますからね^^
初の野外撮影、期待しています!
【2011/10/31 18:44】 | でぃあず #- | [edit]
滝が綺麗ですね~。
ハイキング道を外れそうになったり、写真からでも苦行?な感じを受けます。
キャリングケースにカメラになると相当重くなりますからね~
私はまだコンデジなので軽いですがデジイチだと相当重いと・・・

>咲夜「何だか心が洗われるようですね~
このシーンの写真が気に入りました。
何と表現しましょう・・・ 『清澄』とでも言いましょうかね?
【2011/10/31 20:58】 | 冬音 #a2H6GHBU | [edit]
冬音さん、コメント有難うございます^^

> 滝が綺麗ですね~。
> ハイキング道を外れそうになったり、写真からでも苦行?な感じを受けます。
行きはよいよい帰りは・・・じゃなくて行きも帰りもヘトヘトでした><
思いは咲夜さんと大自然の中で写真を撮りたい、それだけです^^

> キャリングケースにカメラになると相当重くなりますからね~
> 私はまだコンデジなので軽いですがデジイチだと相当重いと・・・
リュックのように両肩でかけられるものだったら重さも軽減されるのですが、
某純正のキャリングケースなので、右肩だけにそうとう負担が^^;
おまけにデジイチを持ちながらなので、バランス取りも大変でした・・・。

> >咲夜「何だか心が洗われるようですね~
> このシーンの写真が気に入りました。
> 何と表現しましょう・・・ 『清澄』とでも言いましょうかね?
命名有難うございます♪
まさに一片の曇りもない咲夜さんの心を表しているかのようですね!
何だか清酒の名前のようにも^^;
でも、バックが滝だと、なんだか滝行してる修行僧にも見えてきますねw
【2011/11/01 19:36】 | でぃあず #- | [edit]
魔境探検お疲れ様です
クマはマジでやばそうですねr(^ ^; 私もガチバトルは避けたいですw

滝をのぞき込んでいる咲夜さんを後ろから指でツンツンして驚かせ隊・・・後で思いっきり怒られそうですがw

次回は渓谷を咲夜さんと共にターザンのように渡っていくのですね♪ (マテw
【2011/11/01 20:08】 | 瑞貴 #- | [edit]
瑞貴さん、コメントありがとうございます~

> 魔境探検お疲れ様です
> クマはマジでやばそうですねr(^ ^; 私もガチバトルは避けたいですw
熊は出会わないように大きな音を出して、むこうから避けてもらうのが基本ですからねぇ
万が一出会ってしまったら、そのまま硬直してるのがいいんですかね^^;

> 滝をのぞき込んでいる咲夜さんを後ろから指でツンツンして驚かせ隊・・・後で思いっきり怒られそうですがw
驚いた拍子に川にジャボンが目に浮かびますw
救出不可能になりそうで怖いですがね^^;

> 次回は渓谷を咲夜さんと共にターザンのように渡っていくのですね♪ (マテw
完全に野生化しちゃったら都会に戻ってこれないじゃまいかw
熊はともかく、カモシカとは交友を深めたかった気がします^^;
【2011/11/01 21:28】 | でぃあず #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://dears102.blog.fc2.com/tb.php/79-353a463c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。