スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

子供の頃は誰もが名探偵だった

 2015-03-12
小学生の頃、夢中になって読み漁った本があります。

それは、かの江戸川乱歩が少年少女向けに書いた小説「少年探偵シリーズ」全46巻です。

小学校の図書室に置いてあったものは全部読みましたし、置いてないものは市立図書館に借りに行ったり、
それでも見つからなかったものは、小学生の少ないお小遣いをはたいて買ったりもしました。

当時はTVゲームやインターネット等の娯楽が無かったこともあり、もっぱら読書に熱中してましたね。


残念ながら当時購入した本は処分してしまったので、オクで何冊か購入してみました。

今も文庫本サイズにリニューアルされて販売されてますが、
昔を懐かしむにはやっぱりこのA5変形判がベストですね^^

この懐かしさを共感出来る人は、間違いなくオジサンオバサンですw



ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


咲夜「いい質問だね。ワトソン君」

「ええ~、ここは空気を読んで、小林君にしないとw」

咲夜「でも、この格好は英国探偵セットですよ」

「探偵衣装は全世界共通だよ(適当w)」

この少年探偵シリーズは、基本的には大泥棒で変装の名人である怪人二十面相が引き起こす難事件を、
名探偵明智小五郎とその助手である小林少年率いる少年探偵団が解決していくという
子供にも分かりやすいストーリーとなっています。

でも、27巻目以降は大人向けの小説を、子供向けに他の作家が書き直したものなので、
ストーリーも複雑だし、人を殺さないという子供向けの主旨から外れますので、
厳密に言えば少年探偵シリーズとは言えないですけどね。

小学校の推薦図書に選ばれてるようですので、今でも図書室に置いてあるのでしょうか。
でも昭和30年頃を舞台にした話がほとんどなので、今読むと矛盾だらけかもしれませんが^^;
貨幣価値も今とは全然違うでしょうし。






咲夜「これらの表紙を見てるとワクワクしてきますよね^^」

「今見てもこの表紙の絵は秀逸だと思うな~」
「この絵が無かったら、本自体を手に取らなかったかもしれないし」

咲夜「本はもちろん中身が重要ですけど、表紙によるインパクトも大事って事ですね」

これらの表紙が脳裏に焼きついたままなので、これ以外の表紙の少年探偵シリーズは認めませんw

当時はこの表紙だけでご飯3杯いけました!(注:嘘ですw)

まぁ、それほど子供心を鷲づかみにしたインパクトのある表紙ばかりでした。






中身をチラッとご紹介。


咲夜「挿絵も結構ありますね~」

「やっぱり子供向けだから飽きさせないようにっていうのもあるだろうし、
 どうしても文章だけでは分かりづらいこともあるので、挿絵は無くてはならない存在なんだよ^^」







咲夜「裏は全て同じ絵なんですね」
   「この人はどなたなんでしょうか?」


「ん~、多分助手の小林少年かなぁ?」

この少年探偵シリーズが書かれた時代はもちろん携帯電話などありませんので、トランシーバーなのでしょう。
明智探偵や少年探偵団に助けを求めているのでしょうか。
この裏表紙も私の頭の中に刷り込まれてますw






咲夜「全46巻もあるんですね!」

「そうなんだよ」
「だから当時の小学校では全巻揃ってなくてね」
「図書館に借りに行ったり、買ったりもしたなぁ(遠い目)」

咲夜「今から全46巻揃えるんですか?」

「ん~、あと何冊かは買うと思うけど、流石に全46巻も揃えようとするとお金もかかるし、
 本棚のスペースが無いので無理かな^^;」



今年の7月に江戸川乱歩の没後50年を迎えます。

フジテレビのノイタミナ枠では、江戸川乱歩作品を原案としたアニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」が
放送されるようですね。
どんな作品に仕上がるのかちょっと楽しみでもあります。

他にも表紙がマグネットになった「少年探偵シリーズ マグネット」がガチャで発売予定だったりと
一部で盛り上がりを見せてきているようですね。


紙の本というものが徐々に廃れていっている世の中ではありますが、そういう時だからこそ
このちょっと重たいハードカバーを手に取ってみて、昔を懐かしんでみてはいかがでしょうか。

少年探偵団はあなたの心の中にずっといますよ(照)



ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ


スポンサーサイト
タグ : 咲夜
コメント
こりゃまたずいぶんと古いモノをw
とは言っても、内容はまったく知りませんが、当時の少年たちはこれを楽しんでたんでしょうね。
今だとコナンになるのか・・・
【2015/03/13 21:19】 | しきぶ #- | [edit]
こんばんは。
鶏飯でございます。

これは懐かしいですなあ。
昔、学校の図書室で見ました、背表紙の帽子の人の顔のインパクトを思い出しました。
挿絵のタッチも懐かしさ満点でございます。
【2015/03/13 23:54】 | Hachimistuya鶏飯 #- | [edit]
しきぶさん、こんばんは~

> こりゃまたずいぶんと古いモノをw

昭和55年とかの本ですね^^;
でも、ちゃんとした場所に保管しておけば、本はかなり持つんですよね~
オクでそういう程度のいいものを小さな写真から判断することは難しいので、
届いてからのお楽しみだったりもしますw


> とは言っても、内容はまったく知りませんが、当時の少年たちはこれを楽しんでたんでしょうね。
> 今だとコナンになるのか・・・

娯楽が少なかったですから、こういう探偵ものを読んで夢を膨らませていたんですよ^^
少年探偵シリーズとともに人気があったのは、ルパンものですね。
今のコナンにも少年探偵団はしっかりと受け継がれていますしね。
1983年にTVドラマで「怪人二十面相と少年探偵団」というのをやってましたが、
まだ生まれてなかったり?…w
【2015/03/14 02:10】 | でぃあず #- | [edit]
Hachimistuya鶏飯さん、こんばんは!

> これは懐かしいですなあ。
> 昔、学校の図書室で見ました、背表紙の帽子の人の顔のインパクトを思い出しました。
> 挿絵のタッチも懐かしさ満点でございます。

鶏飯さんは見たことがあるんですね!
このシリーズは結構長い間、小学校の図書室に置いてあったようですしね^^
子供からしてみれば、このおどろおどろしい表紙にあっという間に魅了されますからw
背表紙はこれで統一してたので覚えてる人も多そうですね。
昔は夢があって良かったです(笑)
今は現実を知ってしまって、夢も希望も…(泣)

【2015/03/14 02:15】 | でぃあず #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://dears102.blog.fc2.com/tb.php/772-f19e0545

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。