美希とカラスと龍門の滝

 2015-03-10
皆さん、お久しぶりです。

先週ひな祭り記事を上げてからの急激なモチベーション低下により、またブログ更新が滞ってしまいました(´・ω・`)

まるまる1週間も空けてしまったのは、当ブログ開始月とも言える2011年8月以来かもしれません。

あまりブログ更新を事務的にしたくないので、今後更に不定期になる可能性もありますのでご了承ください。



さて、今日は2/20に美希と行って来た、龍門の滝のレポです。

この日以降は野撮に行ってませんので、これが現時点での最後の野撮記事になりますね。


この前、記事にした無人駅である滝駅での撮影を1時間ほどで終えて、
この日の第2の撮影スポットである龍門の滝に到着です。

平日の3時近かったせいか、観光客はほとんどおらず、伸び伸びと撮影する事が出来ました^^


ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


龍門の滝は、那珂川の支流であるこの江川にかかる滝です。





那須烏山市のシンボルの鳥は、市名にもなっている「からす」なので、
市内の観光地ではこのようにからすをモチーフにしたものをあちこちで見かけます。






江川にかかる蛇姫橋です。

栃木の民話「蛇姫さま」にちなんで名付けられています。

近くの太平寺には蛇姫様ゆかりのお墓があるそうですが、まだそちらまで足を伸ばしたことはありません^^;






橋の上にもからすが飛んでました。

この烏が加えてるものは金の幣束で、ここ烏山に伝わる「一羽の烏が金の幣束をくわえて飛んできて、
山の頂上に落とした」という伝説からきています。
その山に城を建てて烏山城と呼んだそうです。





蛇姫橋付近に誰もいない事を確認して、撮影開始です。






美希「蛇姫橋って名前なのに、何で龍が描かれてるのかな?」

「ん~、この絵は蛇姫橋にちなんで描いたわけじゃなくて、すぐ近くの龍門の滝にちなんで描いたんだと思うよ^^」

美希「ふ~ん。結構いい加減なの^^;」





美希「あっ!でも、こっちは蛇姫様っぽいの」

「うん、これはまさしく蛇姫様をモチーフに作ったものだね^^」





美希「結構古そうな橋なの」

「1991年の3月に完成したから、24年も前の橋みたいだね~」






蛇姫橋を渡り、遊歩道を下りて行くとすぐに龍門の滝が目の前に現れます。

幅65m、高さ20mもある大滝です。

写真右側の中州まで下りられるので、水量豊富で迫力ある龍門の滝を間近で見ることが出来ます。







美希「結構大きな滝なの!」

「高さも結構あるけど、それ以上に幅もあるから大迫力だよね^^」





美希「音も凄くて、声がかき消されちゃうの」

「大声で喋れば問題ないよw」

滝でのドール撮影の注意点は、不意をついた観光客ですね^^;

常に辺りを警戒していないと、気が付いたら後ろを取られてたという事がよくありますw






美希「もっと下に下りられる場所があるの」

「よし、もう一段下がってみようか」






美希「うわっぷ、ここからだと水飛沫が凄くかかるの~><」

「夏場だったら涼しくていいんだろうけどね^^;」





美希「今日はそれほど寒くないから大丈夫なの^^」

「美希はいいけど、俺は眼鏡に水滴ががが(汗)」





「あまりここに長居すると濡れちゃうから、そろそろ中州に行こうか」

美希「あそこまで下りられるんだね^^」





この日はちゃんとNDフィルターと三脚を持ってきたので、スローシャッターで撮影することが出来ました。

高速シャッターで水飛沫が飛び散る豪快な滝もいいですが、
やっぱり絹糸のような繊細な滝の方がプロっぽいでしょうか^^;

私はどちらの滝も好きですが^^






美希「下から見上げると大迫力なの~^^」

「ここは滝つぼ近くまで簡単に行くことが出来るから便利だよね」





滝の方にはいい感じで西日が射してきましたね。

でも美希のいるところは相変わらず暗かったので、フラッシュを使用してみました。





その後、ほどなくして中州にも太陽の光が射しこんできましたよ^^











美希「そういえば、ここから電車が見られるんだよね?」

「うお!、もう電車が通る時間か!」
「急がないと!」





急いで撮影ポイントに行きましたが間に合いませんでしたぁ~;;

どうやら中州でまったりしすぎたようです。

一昨年の写真の方がまだマシでしたねぇ。



次回の野撮は梅になるでしょうか。

県北の梅の見ごろは3月中旬頃になりそうです。




ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ


スポンサーサイト
タグ : 美希
コメント
お疲れ様です。

美希ちゃんキター
やっぱり美希ちゃんの笑顔はいいですね。

龍門の滝ですか、中洲に下りると迫力ありそうです。
夏に来ると水しぶきが気持ちよさそうですね。
【2015/03/10 23:06】 | あずち #- | [edit]
あずちさん、こんばんは~

> 美希ちゃんキター
> やっぱり美希ちゃんの笑顔はいいですね。

ありがとうございます^^
ミクやきずなのようなおすまし顔もいいですが、微笑顔は喜びがダイレクトに伝わってきますからね~
春香のような開口ヘッドも気になります^^


> 龍門の滝ですか、中洲に下りると迫力ありそうです。
> 夏に来ると水しぶきが気持ちよさそうですね。

夏の暑い時期の休日などは、中州は子供たちの声で溢れかえってることでしょう^^
なので、中州を独り占めできるのは今だけなのですw
夏だと滝の傍に寄るだけでもヒンヤリと涼しくなりますからね~
マイナスイオンもいっぱい出てるかもです^^
【2015/03/11 22:35】 | でぃあず #- | [edit]
こんにちは~

個人的な考えで恐縮ですがブログは義務ではありませんし
テンション下がられてる時は無理されないのがよろしいかと思います。
本来楽しむべき趣味が苦痛に感じられては元も子もありませんものね;


前回の無人駅同様に人気も少なく、
快適に野撮を楽しまれたようで何よりでした♪
滝の前でのミキミキショットは
まるで旅行雑誌のワンシーンのようです!(゚∀゚)



>常に辺りを警戒していないと、気が付いたら後ろを取られてたという事がよくありますw

野撮経験の少ない私にとってこれは本当に恐ろしいことです(笑)
ポージングや構図決めに没頭してますと
このハプニング発生率が半端ではありません…!
【2015/03/12 12:37】 | Liquorhouse #pt67g6gE | [edit]
Liquorhouseさん、こんばんは!

> 個人的な考えで恐縮ですがブログは義務ではありませんし
> テンション下がられてる時は無理されないのがよろしいかと思います。
> 本来楽しむべき趣味が苦痛に感じられては元も子もありませんものね;

アドバイス有難うございます^^
確かにブログを書く事自体が苦痛になってしまっては元も子もないですからね。
ドールを初めてお迎えしてブログを始めた4年前よりは、新鮮味も薄れてきてますし
モチベーション低下も否めないかもですが、そこで無理にモチベを上げにいこうとするのではなく
自然回復に任せようと思います。
Liquorhouseさんは、今が絶好調の時ですよね!


> 前回の無人駅同様に人気も少なく、
> 快適に野撮を楽しまれたようで何よりでした♪
> 滝の前でのミキミキショットは
> まるで旅行雑誌のワンシーンのようです!(゚∀゚)

バスケットというアイテムが小旅行という演出をよりアップさせてくれてるので
買っておいて良かったです^^
今回の滝の撮影の時は濡れちゃうといけないので仕舞っちゃいましたが^^;
野撮を3年以上も続けてると、開き直りというスキルを身につけて
多少の人前では動じなくなってますが、やっぱり誰もいない場所がベストですしね~^^


> >常に辺りを警戒していないと、気が付いたら後ろを取られてたという事がよくありますw
>
> 野撮経験の少ない私にとってこれは本当に恐ろしいことです(笑)
> ポージングや構図決めに没頭してますと
> このハプニング発生率が半端ではありません…!

この滝の音というのはやっかいなもので、多少の足音なんかは全く聴こえなくなりますからねぇ。
意外と滝の音がしてても分かるのは話し声でしょうか。
なので、数人が話しながら近づいてくれば察知可能ですw
いちばん厄介なのは、1人で黙々と歩いてる人ですね^^;
人がある程度いる場所に突入するのは慣れても、いきなり人が現れるビックリ系は
そうそう慣れるものではありませんw
【2015/03/12 20:26】 | でぃあず #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://dears102.blog.fc2.com/tb.php/771-e35c397c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫