スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

寺山ダム、再び(前編)

 2011-10-09
10月某日、天気快晴。

少し風が強そうですが、前回のリベンジをするには絶好の空模様です。

という事で、前回とは違う子を連れて、また「寺山ダム」へと向かいました。

ダムに到着したのは3時頃になってしまったので、若干陽が傾きかけてます。

それにしても、前回とはうってかわってのこの青空!

天気が良いと心も洗われるようです。

どの子を連れて行ったかは、続きをご覧下さい。


前回では雲に隠れていた遠くの山まで、はっきりと見えますよ~

でも、風が結構強くなってきたので、湖面が波打ってますね。


曇りの日と比較すると、やっぱり緑の青さが全然違いますね。

流石に天気が良かったせいなのか、駐車場に車が1台止まっており、先客がいました。

なので、普通(?)の風景カメラマンを装い、時間をつぶしてますw


前回、「リードをつけましょう」の看板の横にあった階段がコレです。

遥か下の水路まで続いているようですね。

じっと下を見てると、ふらっと吸い込まれそうに・・・。


先客が帰ったので、いよいよ撮影開始です。

今回は咲夜さんを連れて来ました。

咲夜「ちょっと風が強いけど、良いお天気ね~」

  「京子がしきりにまた行きたいって言うから、そこそこ期待はしてたけど、
   これは期待以上ね!」


この日のために温存(?)しておいた、おニューの服と新ウィッグのお披露目でもあります。

写真を見て頂ければ分かるとおり、かなりの強風が吹いてます。

とても咲夜さんの2本の足だけでは直立不可能だったので、
支柱に手を置いて踏ん張ってもらいましたw

でも、このアップの写真撮影の後、引きを撮ろうとして一眼の液晶モニターを覗いていると、
風にあおられて、咲夜さんがふわっと後ろに倒れる映像が映し出されました。

はっきり言って心臓が止まるかと思いましたよ・・・。

後ろの鎖が命綱となって事なきを得ましたが、もし鎖が無かったら、
もし鎖の下を潜ってたとしたら・・・。

後は真下の水路まで真っ逆さまになっていたでしょうね。


直立撮影は不可能と判断し、座りモードに移行。

咲夜「私だってあんな怖い思いはもう懲り懲りです・・・」

  「何だか腰が抜けちゃいましたよ」


でぃあず「ゴメンゴメン。俺もちょっと自然を侮っていた」

新ウィッグは前回の京子のと同じく、ドルチェから購入しました。

こちらは前下がりボブとなります。色はデフォルトの色を意識してか水色に。

あんまり違和感ないと思いますがどうでしょうか。

逆に普通すぎてつまらないかもしれませんが^^;


座ってても体がゆらゆら揺れます。

ウィッグまで飛ばされる事は無いでしょうが、最悪な事を考慮すると、
ここでの撮影は中断せざるを得ませんでした。

言い忘れていましたが、この見た目普通のカジュアルウェアはオクで購入しました。

多数の猛者と争った結果、驚くほどの高額に・・・。オクには魔物がいますよ。

咲夜「そんなに高価なお洋服を、最初に私に着させてくださって感謝してます」

でぃあず「いや、どのみちこの服は最初から咲夜さんが着ているのを
     イメージして購入したので、こうなった事は必然なのだ」
     

最大望遠で眼下の街並みを望む。

前回は厚い雲のカーテンで遮られていた視界も、今日はフルオープンです!

こうして見ると、ここがめちゃくちゃ山の中である事が分かりますね^^


ダムから少し上流に来ました。

赤い壁面の上に、ダムの管理棟を見る事ができます。


ここは「寺山ダム公園」となっており、ちょっとした散策ができるスペースがあるようです。

もっと山の上の方まで行く予定でしたが、急遽ここで撮影出来ないかと車を降りてみました。

駐車場には車が1台止まってましたが、辺りは誰も居なさそうです。


寺山ダムに流れ込む宮川のほとりまで行く事ができます。

辺りは水の流れる音しかしません。


何だか森の中に一人、迷い込んだ気分を味わえますね。

最近はこういう大自然の中に行く事が無かったので、ちょっと感動してしまいました。


改めて撮影続行です。

咲夜「ここは風も吹いていなくて穏やかな場所よね・・・」

でぃあず「ああ。使い古されたセリフだが、こういう自然の中では
     人間がいかにちっぽけで無力なのかを思い知らされるような気がするな・・・」

咲夜「恥ずかしいセリフは禁止です!」


咲夜「う~~~ん」

  「窮屈なカバンの中と違って、伸び伸びと出来ていいわね~♪」


でぃあず「俺にとっても日頃のストレス解消にはもってこいの場所だよ」

    「冬になると雪が積もったりして危険だから、
     それまではちょくちょく来てもイイかな~」


今まででいちばんのベストショット頂きました。

少し暗くなってきましたが、もう少し写真がありますので、後編に続きます~

スポンサーサイト
タグ : 咲夜
コメント
おはようございます、でぃあずさま。

再び野外撮影作戦決行されたんですね~。
やっぱり野外撮影だとその時の状況次第では危険な状況に陥り易いみたいですね…。
自分も室内撮影だけでもDDさんをひっくり返してしまう場合があったりするので、危険な野外撮影だと破損覚悟で行わないといけないかも知れません。
咲夜さん何事も無くて良かったですね。

オクで落とされた衣装、今の時期にピッタリですね。
自分も普段着っぽい衣装が欲しいなぁ~と思いますが、オクやらない人なのでかなり無理そうです。
こういったカジュアルな衣装って某からはあまり販売されないので、ディーラー製に頼るしかないのが辛いところですね。
【2011/10/09 08:40】 | 霧切谷 #QfVI8dBA | [edit]
私のブログに訪問して頂き、ありがとうございます。

風にあおられて、咲夜さんが~
それは怖いですね・・・ 公園の芝生ならともかくダムじゃ救い出しようが無いですからね・・・ 無事で何よりですね。
後半も楽しみにしています。
あと、リンク張らせていただいても宜しいでしょうか?
【2011/10/09 10:19】 | 冬音 #a2H6GHBU | [edit]
霧切谷さま、コメント有難うございます。

> 再び野外撮影作戦決行されたんですね~。
思ったよりも天気が良かったので、先週のリベンジを果たすべく決行しました^^;

> やっぱり野外撮影だとその時の状況次第では危険な状況に陥り易い
バックを空にしたかったのであんなところで撮影しましたが、今思えばかなり危険な事してましたね・・・。
室内だと、もし倒れたとしてもたかがしれてますが、
野外だと地面が柔らかいところばかりではないですからね。
へたすれば咲夜さんの顔面が岩に強打する可能性もあるわけです。
でも、なるべくならスタンドは使いたくないんですよね・・・
あれが見えると野外撮影が台無しになってる気がするので。

> 咲夜さん何事も無くて良かったですね。
おかげさまで無事に帰宅できました^^;
野外撮影は人以外に、色々な物と戦わなければならないので緊張の連続でした。

> オクで落とされた衣装、今の時期にピッタリですね。
たまには派手なドレスもいいのですが、やっぱり私たちが普通に着るような服を
着せたほうがより現実味が増すと思うんですよね。
ユニクロみたいな服でもいいのでw
ルームウェア的なものは某からも結構出ているようですがね・・・。

【2011/10/09 17:59】 | でぃあず #- | [edit]
冬音さん、コメントいただき有難うございます!

> 風にあおられて、咲夜さんが~
一眼の液晶モニターの中で、倒れる咲夜さんがスローモーションのように映ったのを思い出します。
ダムのような標高の高い場所での強風はしゃれになりませんでしたが、
折角来たんだからと強行しました^^;
咲夜さんがダムの底に眠らなくて本当に幸いでした。

> 後半も楽しみにしています。
目立ったものはありませんが、良ければまた見てやってください。

> あと、リンク張らせていただいても宜しいでしょうか?
もちろんです!当方からもリンクさせて頂きました~♪
これからもよろしくお願いいたします。
【2011/10/09 18:07】 | でぃあず #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://dears102.blog.fc2.com/tb.php/64-de1f1110

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。