スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

地図から消えた滝~おしらじの滝~

 2014-06-19
6/15(日)におしらじの滝に、初めて行って来ました~

SIRENの羽生田村のような意味深なタイトルになってますが、
単に秘境すぎて地図に載ってないだけだったり^^;
数年前までは知る人ぞ知る幻の滝みたいな感じでしたが、2年ほど前にNHKの番組で紹介されてから
かなりの人が訪れるようになったようです。
もっと早く訪れたかったのですが、ブームがちょっと過ぎ去るのを待ってました。


出発した時間はワールドカップの日本vsコートジボワールが始まった10時過ぎです。
あえて、この日のこの時間にしたのは、ほとんどの人がTVに釘付けになっていて、
おしらじの滝には人がいないだろうと予想したわけで^^;


11:15に入り口に到着です。
ワールドカップは後半戦の真っ最中の時間でしたね。
おしらじの滝への入り口は、山の駅たかはらを過ぎて塩原方面に2kmほど向かったところにあります。

立派な駐車場があるのですが、何故かN字型のブロックで完全に塞がれています。
路駐しかありませんが仕方ないですねぇ。
いつ行ってもブロックで塞がれてるようですね。
何で開放しないんでしょうかね。

日曜日だったのでもっと人がいるかなぁと思いましたが、ワールドカップ日本戦の日だったのが功を奏してか
つくばナンバーのRVが1台止まっていただけでした。


ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


駐車場の隅から森の奥へと、薄っすらと踏み跡があるのが確認できます。
ここが、おしらじの滝への入り口となります。
看板等は一切ありませんので、何も知らない人がこの奥へと足を踏み入れることは無いでしょうね。


入り口から入ろうとすると、丁度一人の年配の女性が上がってくるところでした。
多分、路駐していたつくばナンバーの持ち主でしょう。

おっ! これは、おしらじの滝を独り占め出来そう!?



隈笹を掻き分けながら、獣道のような細い道を進んで行きます。

隈笹は熊が好んで食べるというので、当然ながら熊避けの鈴を鳴らしながらの移動です。

私はずっと熊笹だと思ってましたが、本当は隈笹という漢字みたいですね。




途中、曲がりくねった、やけに特徴的な木がありました。

おしらじの滝への道筋は、多少の踏み跡があるだけで、それを見失うといとも簡単に迷子になりますので
こういう特徴ある目印は助かりますね^^



写真撮影をしながらゆっくり歩いて10分あまり。
水音が大きくなってきました。

そろそろ到着かなっと思って、目の前の岩場の上に出ます。




すると、何と言うことでしょう!

そこには、透き通った薄水色の水を湛えた、おしらじの滝が姿を現したのです!!




太陽の光に照らされて、滝の水面が幻想的な色へと変化していきます。

何と言うか、凄いファンタスティックです!



透明度はかなり高いようですね。
絶えず落ちる滝の水により水面が揺れていて、滝つぼの底までは見ることが出来ませんでしたが。

これまでに降った雨水により滝の水量はかなり豊富でした。
夏頃に行くと滝が枯れてることもあるようですので、梅雨時に来たのは正解だったのでしょうかね。




美希「綺麗な滝なの! 水の色が青くて透き通ってるね^^」

「いやぁ、自然にこんな色になるなんて不思議だよなぁ」



美希「おしらじってどういう意味なの?」

「ん~、滝つぼがすり鉢状になっていて、昔の人はすり鉢を『しらじ』と呼んでいたので、
 それに敬語の『御』を付けて『おしらじの滝』となったようだね」

美希「へ~、ちゃんとした由来があるんだね」




美希「もっと近くで見たいの♪」

「そうだね。そろそろ下に下りてみようか」

と言っても、初めて来た場所なので、どうやってあそこまで下りられるのか全く分かりません。

滝つぼに何人も下りてる写真を見たので、下りられない事はないはず。

キョロキョロと辺りを見回して、適当に下流へ下りてみることにします。
今思えばこの適当さが間違いだったのでしょうが・・・。




亜熱帯に生えてるような植物が地面を覆っています。



あ、あれ? ちょっと下流まで行き過ぎたかな??

そこは大岩がゴロゴロしていて、一瞬でも気を抜くと足を滑らせて沢に落ちそうですよ(´Д`。)

片手にカメラ、片手に三脚持ってて両手が塞がってたのでかなり危なっかしいです><
でも、カメラごと沢へドボンは何としても避けなければなりません(`・ω・´)




岩の上をジャンプしながら滝へと近づいていきます。

おしらじの滝の滝つぼへ出るのって、こんな危険なルートしか無いのかな~と、
その時は疑問に思いながらも歩を進めましたが、実はもっと簡単なルートがあったのでした。




何とか沢に落ちずに滝つぼへ到達!

落差は5mほどでしょうか。

水量が多いせいか、間近で見ると結構迫力あります。



美希「下から見上げると凄い迫力なの!」

「やっぱり滝はこのくらいの水量がないとね^^」




美希「ハニーと二人きりだね^^」

「多分、みんなサッカーに夢中なんだよ」

滝つぼの目の前に数mはあるような巨大な岩があるので、これ以上距離を取れません。

こういう時に広角レンズが欲しくなりますねぇ。



ジメジメした蒸し暑い日には、滝の音を聞いて気持ちだけでも涼しくなりましょう^^;



美希「ここで泳いだら気持ち良さそうなの^^」

「ん~、でも今はちょっと寒いよね」

家を出る時は30℃近い暑さでしたので半袖ポロシャツ1枚で来ましたが、
流石は1,000mの高原の中にある滝だけあって、涼しいというかちょっと寒いかも^^;



美希「ちょっとだけ水の中に入りたいの」

「まぁ、足を水に浸けるぐらいだったらOKだよ^^」
「あ、でも、パーカーとか濡れちゃうとマズイから脱いだ方がいいかな」

というわけで、次回が本番?の水着回になります~


ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ


スポンサーサイト
タグ : 美希
コメント
すごく綺麗な所ですね。県内にこんな場所が有るのか!と毎回驚きます。そんな情報をどこから得ているのかすごく気になります。
【2014/06/20 11:32】 | 白河蛍 #- | [edit]
お疲れ様です。

水が綺麗ですね。
澄み切ってるので綺麗に青色が出てますね。
水の青とコケの緑と滝の白が綺麗に見えます。

美希ちゃんこんな冷たい水で泳ぐと風邪引いちゃうぞ。

冷たい水に入れるとパーツが割れやすくなりますので取り扱いには
くれぐれもご注意を。
【2014/06/20 19:35】 | あずち #- | [edit]
いやいや~こういう記事こそ動画が生きてきますね!思わず涼しげな水の音に、聞き入ってしまいました。マイナスイオンのおすそ分けありがとうございます!
そして次回が本番ですか。楽しみです!
【2014/06/20 20:38】 | さかえ21 #- | [edit]
こんばんは~

あまり有名じゃないからもっとしょぼいのを想像してましたけどこれは見ごたえがありますね。
普段はあまり見ないような植物も生えてたようで。

次回は水着回ですか~
撮影がヒートアップしちゃって・・・
さすがにあの時の二の舞にはなってないですよね(笑)

そういえばX5がお亡くなりになった時に来ていた衣装もこれだったような気が…
しかもあの時も滝で撮影しでしたよ。
これでピンクの水着だったら・・・
もしかして狙った??
【2014/06/20 21:13】 | メキタン #- | [edit]
こんばんはー。

綺麗な滝ですね!結構有名な滝なんでしょうか?一度は行ってみたいですね!
次回の水着回、楽しみですね!
【2014/06/21 00:15】 | モコレオ #dfkNGCik | [edit]
でぃあずさん 
こんばんは~ 
隠れた穴場ですねー オイラネットとか テレビで情報探すから
何処も人がいっぱいですよ
足を滑らせれば 滑落必死じゃないですかー 

綺麗な滝を独り占めできて羨ましいー  次回水着回が楽しみですなー
【2014/06/21 22:31】 | かつー #ZQMeTpW2 | [edit]
白河蛍さん、こんばんは~

> すごく綺麗な所ですね。県内にこんな場所が有るのか!と毎回驚きます。そんな情報をどこから得ているのかすごく気になります。
私はドール野撮始める前は、こういう場所にはほとんど行ってなかったので、
ネットでの検索だけが便りですよ^^;
後はドール友達の陽乃ゆうりさんが県内のスポットをよく知ってますので、結構教えてもらったりしています^^
でも、野撮3年間で手軽に行ける野撮スポットは行きつくしちゃった感がありますね^^;


【2014/06/22 19:17】 | でぃあず #- | [edit]
あずちさん、こんばんは~

> 水が綺麗ですね。
> 澄み切ってるので綺麗に青色が出てますね。
> 水の青とコケの緑と滝の白が綺麗に見えます。
ここの水は透明度が高いので、水の青さがより引き立ちますよね~
こういう自然に囲まれていると落ち着きますよね^^
もっと晴れていれば更に青色が際立つのですが、曇りが多くてシャッターチャンスが難しかったです。


> 美希ちゃんこんな冷たい水で泳ぐと風邪引いちゃうぞ。
> 冷たい水に入れるとパーツが割れやすくなりますので取り扱いには
> くれぐれもご注意を。
確かに毎年水遊びの後は、何かしらパーツに不具合が出てる気がしますしね。
間接部が硬くなるというのはよくありますが、割れるのは勘弁ですよね~
今回は全身ドボンはやらなかったので、大丈夫なはず!
この撮影後は美希には触れてないので十分乾燥したと思います。

【2014/06/22 19:25】 | でぃあず #- | [edit]
さかえ21さん、こんばんはー

> いやいや~こういう記事こそ動画が生きてきますね!思わず涼しげな水の音に、聞き入ってしまいました。マイナスイオンのおすそ分けありがとうございます!
> そして次回が本番ですか。楽しみです!
動画を見ていただきありがとうございます^^
滝の水の音はやっぱり動画を見てもらうのがいちばんですしね~
この日は涼しかったというか、最後の方は鼻水すするほど寒くなってきましたよw
高原の山の中を少しなめてました^^;
でも、マイナスイオンも十分に浴びて心身ともにリフレッシュできました^^

【2014/06/22 19:29】 | でぃあず #- | [edit]
メキタンさん、こんばんは!

> あまり有名じゃないからもっとしょぼいのを想像してましたけどこれは見ごたえがありますね。
> 普段はあまり見ないような植物も生えてたようで。
この滝のいちばんの見所は、その滝つぼの水の青さでしょうか。
ネットで十分に下調べをして行きましたが、滝つぼまでのルートは書いてなかったので
ちょっと難易度高かったですよ^^;
名前は分かりませんが、何かシダみたいな葉っぱをしてましたね。

> 次回は水着回ですか~
> 撮影がヒートアップしちゃって・・・
> さすがにあの時の二の舞にはなってないですよね(笑)
この日は滝を撮ることももちろんですが、水着を撮ることも重要だったのです^^
そういえば、あの時も撮影に夢中になった故の悲劇でしたけどね…。
今回は流石に十分に気を使っての撮影でしたから大丈夫でしたよ~


> そういえばX5がお亡くなりになった時に来ていた衣装もこれだったような気が…
> しかもあの時も滝で撮影しでしたよ。
> これでピンクの水着だったら・・・
> もしかして狙った??
確かにパーカーセットは一緒の衣装ですね^^
っていうか、このパーカーは水着撮影には持って来いなので、使い回しが激しいですw
去年の咲夜さんの時もこの衣装でしたが、別に狙ったわけではなく偶然です^^;
今回はピンクの水着じゃないですよ~
このパーカーセットに付いてたデフォ水着となります^^

【2014/06/22 19:37】 | でぃあず #- | [edit]
モコレオさん、こんばんは!

> 綺麗な滝ですね!結構有名な滝なんでしょうか?一度は行ってみたいですね!
> 次回の水着回、楽しみですね!
地元では昔から結構有名だったみたいですが、NHKで特集されてから他県の人たちも来るようになって
去年はかなりの混雑ぶりだったようです。
地図に載ってない秘境の滝というのが興味をそそられますよね^^
入り口から歩いて10分で到着というお手軽さも人気の一つと言えます。
次の水着回は、写真を大量に放出です!w

【2014/06/22 19:41】 | でぃあず #- | [edit]
かつーさん、こんばんは~

> 隠れた穴場ですねー オイラネットとか テレビで情報探すから
> 何処も人がいっぱいですよ
> 足を滑らせれば 滑落必死じゃないですかー 
私も行く場所は基本的にはネットでの検索ですよ^^
ここはたまたま知っていただけですね。
ネットだと比較的大きな観光地しか最新情報がないですものね。
かつーさんなら車より身軽なバイクを最大限に活用して、穴場を探せたり出来そうな気も^^

岩場をジャンプ移動は正直行くかどうかためらいましたね。
確かに足を滑らせたらカメラもろとも水の中にドボンですし、
最悪、足をひねって捻挫なんかでもしたら身動き取れなくなりますしね…。


> 綺麗な滝を独り占めできて羨ましいー  次回水着回が楽しみですなー
水着撮影中に突然の訪問者は来ましたが^^;
ますますヒートアップする水着回は、この後すぐ!?
【2014/06/22 19:47】 | でぃあず #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://dears102.blog.fc2.com/tb.php/632-f64340b7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。