スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

八方ヶ原ハイキング(その3 咆哮霹靂(ほうこうへきれき)の滝編)

 2013-11-15
世界最小最軽量のデジイチEOS Kiss X7に、ボディが真っ白のホワイトモデルが発売されるようですね。
黒いボディが当たり前のデジイチ世界で、全身ホワイトボディはチャレンジですねぇ。
まぁK-50のようにボディカラーが数種類から選べるものもありますので、白いボディもいいかもしれませんね。
でも、ダブルレンズキットのパンケーキレンズはホワイトなのに、標準ズームレンズは普通の黒のようで^^;
ボディが白でレンズが黒はちょっとアンバランスでしょうかw

さて、今日はいよいよ八方ヶ原ハイキング編最終回となります。


今回も滝と吊り橋回となります~
前回と同じシチュエーションなので似たような写真ばかりですが、最後まで見ていただければ幸いです。

ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


雷霆の吊橋から10分ほどで咆哮霹靂(ほうこうへきれき)の滝に到着です。
看板から滝まではかなりの距離があるので、雷霆(らいてい)の滝よりは迫力に欠けますね・・・。
滝壷まで近づけない事もないですが、大岩を越えていくのは危険なので止めておきました。


標準ズームで寄れるだけ寄ってみます。
そこそこ迫力が出たでしょうか^^;


美希「また難しい漢字の滝なの~」

「ホウコウは読めるとしてヘキレキはちょっと難しいかもね」


美希「さっきのよりもかなり遠くにある滝だね」

「もっと近くに滝見台を作って欲しいよね」


美希「川の水が透き通ってて綺麗なの♪」

「そのまま飲めそうな透明度だよね」


撮影開始後すぐに夫婦のハイカーさんがやってきました。
ここまで辿り着くにはかなりの距離を歩かなければならないのですが、
皆さんとっても元気にハイキングを楽しんでますね^^

私も2年前に来た時よりは疲れは無かったですが、これから来た道を戻らなければならないと思うと気が重いですw


こういう場所にある岩は侵食によって独特な形で削られてますので、見ていて飽きないですね。






美希「あっちにも滝があるよ!」

「そうそう、この滝は左が咆哮の滝で、右側が霹靂の滝と呼ばれてるんだよ」


美希「今まで見てたのは咆哮の滝だったんだね」


美希「こっちの滝はほとんど流れてないの」

「さっきの咆哮の滝が動なら、こっちの霹靂の滝は静って感じだね」


岩肌を滑るように滴り落ちているのがこの霹靂の滝です。
咆哮の滝に水量をほとんど持って行かれた感じですね^^;


「迫力には欠けるけど、これはこれで風情があっていいもんだろ」

美希「わびさびっていうものなの?」

「ん~、それとはちょっと違うかなw」


美希「ふ~ん。でも静かな滝もいいものだね^^」


咆哮霹靂(ほうこうへきれき)の滝の目と鼻の先に咆哮霹靂の吊橋があります。
これより先は東日本大震災の影響で崩れた箇所があるため通行止めとなっていて、塩原側へは行けません。
雄飛の滝へもこっち側からだと行けないので不便ですね><
早く開通してもらいたいものです。


美希「こっちの吊り橋はさっきのより豪華なの!」


美希「日が当たって気持ちがいいの♪」

「ここは明るくていいよなぁ~。疲れを忘れさせてくれるよ^^」


早速欄干の上で記念撮影をw


美希「ミキたち以外は誰も居ないね~」

「ハイキングコースの終着点だからね。ほとんどの人はライテイの滝で引き返しちゃうだろうから
 ここまでは滅多に人が来ないと思うよ」


美希「今だけはハニーを独り占めなの♪」

「ははは」


美希「いい眺めだね~」


咆哮霹靂の滝は桜沢にありましたが、咆哮霹靂の吊橋の下はスッカン沢が流れています。


美希「ちょっと眩しいね^^;」


美希「水が凄く青いの!」

「こっちのスッカン沢は、カルデラ跡を水源としていて鉱物や炭酸などが多く含まれるから青く見えるらしいよ」

美希「神秘的なの~」


青くて綺麗ですが、魚の棲めない死の川となっています。


「さて、もうお昼過ぎたし、そろそろ帰ろうか」

美希「あれ?ここでお昼にしないの?」

「ゴメンゴメン。少しでも荷物を減らそうと思ったんでお昼は何も持ってきてないんだよ」

美希「そうなんだぁ。じゃあ帰ろ!」


行きは良い良い、帰りは・・・ですね^^;

出発点である山の駅たかはらの駐車場に着いたのは、2時近くになってました。
出発したのは8時だから、実に6時間も山の中に居た事になります^^
今回はお昼こそ持って行きませんでしたが、お茶のペットボトルは持って行きましたので
体力は持ってくれました^^


ここまで見てくださって有難うございました。
これにて八方ヶ原ハイキングレポは終了です。
また来るとしたら来年の今頃でしょうか^^


ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ


スポンサーサイト
タグ : 美希
コメント
 お疲れ様でした。
 6時間も、って、でぃあずさん体力ありますね。
 ドール野外撮影で体力ついたのでしょうか?w

 美希ちゃんはいつ見ても可愛いですよね。
 良造形です。

 kissのカメラ、白いのが出るのですか。
 でも、レンズが黒では変ですよねぇ。
【2013/11/16 17:07】 | エフェ #JalddpaA | [edit]
エフェさん、こんばんは~

>  6時間も、って、でぃあずさん体力ありますね。
>  ドール野外撮影で体力ついたのでしょうか?w
確かに6時間も山の中に居た事になりますが、6時間ずっと歩き続けたわけではないので
そんなに体力は必要ないですよ^^
現に60歳以上の方も元気で上り下りしてますし。
私の方は2年前よりも少しは体力が付いたかもしれませんが、私の場合は普通の人よりも
体力が無いところからのスタートとなりますので、ようやく人並みの体力になったという事でしょうかねw

>  美希ちゃんはいつ見ても可愛いですよね。
>  良造形です。
美希はすんなりアフターでお迎えできて良かったですよ( ・∀・)
来年は誰がDD化されるのか今から楽しみです^^

>  kissのカメラ、白いのが出るのですか。
>  でも、レンズが黒では変ですよねぇ。
冬のホワイトクリスマスにあわせての発売のようですね~
最軽量のX7なので、主に女性をターゲットにしたのでしょうね。
全部のレンズに白を加えるのは無理だとしても、ダブルズームセットのレンズだけは白にして欲しかったかも。
【2013/11/17 18:13】 | でぃあず #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://dears102.blog.fc2.com/tb.php/506-49321a2f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。