スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

そうだ、登山に行こう!(釈迦ヶ岳編)

 2013-07-10
さて、高原山登山、感動?のフィナーレを飾る今回は、釈迦ヶ岳編になります。

前回、軽々と八海山神社に辿り着いた私たち(オルタさん含む)は、
後から登ってきた登山者たちに押し出される形で、次の目的地に向かう事に。

喉の渇きは癒えませんでしたが、次の場所を見てみたいという強い気持ちが勝って、
不思議と体の疲れはありませんでした。


この構図、いかにも登頂したって感じでわりと気に入ってますw

オルタ「マスターと私の活躍、是非見てくださいね~」

最後は凄い数の写真と長文になってしまいました^^;

ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

八海山神社を出てから10分あまり。
矢板市の最高地点(1,590m)に到達しました!


オルタ「ここがマスターの住んでる矢板市で最も高い場所なんですね~」

「そうだよ^^ 矢板市も俺たちの住んでるような低い場所もあれば、
 こんなに標高の高い場所もあるなんて感慨深いよなぁ」


更に15分ほど進むと、剣ヶ峰に行く看板が見えてきました。
剣ヶ峰は今回の登山で是非とも踏破しておきたい場所でしたので、右に曲がってみる事にします。


ルート分岐から数分もしないうちに剣ヶ峰(1,540m)に到着です!
周囲はうっそうとした木々で囲まれており、眺望は全く無いのが残念ですね。


看板とこの三角点が無ければ見逃してしまいそうな場所です。


オルタ「ここが剣ヶ峰ですか~、手作り看板がいっぱいありますね」

「こういった素人が作ったような看板も味があっていいけど、
 三角点を作るくらいの山なんだから、もっとちゃんとした看板を作ればいいのにね」


オルタ「これがその三角点ですね」

「やっぱりこれがあると踏破したっていう気分が高まるよね~」


オルタ「私が座るのに丁度いいですね^^」

「まぁオルタさんにしてみたら、三角点はベンチだよね^^」

剣ヶ峰といえば、あの世界遺産に登録された富士山の最高峰である剣ヶ峯が有名ですが、
剣ヶ峰(峯)と呼ばれる場所が全国に沢山存在するんですね~
中でも栃木県の剣ヶ峰がいちばん多いのには驚きましたが^^;

そんなオルタさん撮影の最中にオジサン1人、オバサン3人の集団に遭遇しました。
オルタさんの事をベタ褒めしていただきました^^ ありがとうございます!
邪魔になるといけないので、すぐに仕舞っちゃいましたけど^^;
このグループは、今後抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げる事になりますw

そして、オルタさんをリュックに仕舞って、周りの写真を撮っていると、
ふいにガサガサと音がして・・・。

オルタ「キャ~~~~~!!」


オルタさんが入ったリュックが数メートル下まで転がり落ちてました(゚Д゚)

幸いにもチャックは完全に閉めていたので、オルタさんが飛び出るという大惨事は
免れましたが、視界からリュックが消えたのには心臓が止まるかと思いましたよ。

オルタ「ぐるぐる~、目が回りましたぁ~><」

「いやぁ、ごめんごめん、完全に俺の不注意だったよ」


ここまで来て引き返すなんて勿体無いですね。
釈迦ヶ岳はいつ登るの? 今でしょ!(`・ω・´)

登山道の片側が完全に崩落してしまっている場所があります。


ロープが無かったら、道を踏み外して奈落の底まで転がり落ちそうです・・・。


道を塞いでいる倒木を見ると、何故だか闘志が沸いてきますw


剣ヶ峰を過ぎると案内看板も極端に減ってきましたね。
たまにこういう看板を見つけると、このルートで合ってたんだとほっとします^^


登山ルート上にある特徴ある巨石は、帰りの目印にもなりますので撮っておきます。


90度近い岩の壁が立ちはだかりました。
こいつに勝利しないと明日は来ません!

「よし!こうなったらアレを歌うか!」

歌を歌って気分を高揚させるのは登山には良いはずです。

「あたりまえ~、あたりまえ~、あたりまえ体操~♪」
「右足上げて~、左足上げると~、登れる!」
「あたりまえ体操~♪」

よし、この歌で絶壁も楽々クリアだ!


・・・そんなわけないですw

馬鹿な事をやってないでさっさと登りましょうw
まだこの時は歌を歌うという余裕もあったのですが、後半は・・・。


そして、とうとう釈迦ヶ岳山頂に着きました!
凄い数のトンボに迎えられましたw

現時刻は10:25なので、剣ヶ峰を8:46に出てから約1時間40分、
6:30に登頂開始してから約4時間かかったことになります。
休憩もそこそこなら、大間々駐車場から3時間あまりで到達できると言われていますので
かなり時間がかかってしまいました。


自力でこんな高い山に登ったのなんて何十年ぶりでしょうか。


高原山神社の小さい鳥居と祠がありました。


「オルタさん、とうとうやったよ!俺!」

オルタ「マスター、落ち着いてください」

誰も居ない頂上で天高く拳を上げて、我が生涯に一片の悔いなし!!をした事は言うまでもありませんw


オルタ「釈迦ヶ岳の踏破おめでとうございます!」

「いやぁ~最後はほんと苦労したよ」
「何度引き返そうと思ったか分からないくらいだよな~」

初めて登る山だと距離感がつかめないので、あとどのくらいで山頂なのか非常に不安でしたね。


オルタ「流石はこの辺りで最高峰の山ですね~、凄い大パノラマが広がってますよ^^」


ちょっとガスっているのが残念です。


360度見回しても自分よりも高い山がないことが、
ここが1794mの山頂なんだなぁと実感させてくれます。
雲が自分と同じ高さにあると何だか不思議な感じですね。


薄っすらとシルエットでしか確認できませんが、ここよりも高い山なのかも・・・?
地図とか持ってきてないので、どの方向に何の山があるかサッパリです^^;


あ、でも一つだけ分かった山がありました。
ここからでも山頂にある神社がはっきり分かるので、あれは鶏頂山ですね。


オルタ「ここは先ほどよりも立派な三角点が立ってますね」

「なんたって一等三角点だからね」


オルタ「ん~、一等三角点の座り心地は格別です^^」


オルタ「それに少しだけですが青空も見えてきましたね!」

「まるで俺たちを祝福してるみたいだなぁ」


山頂には大きな釈迦如来像があります。
どれだけの大きさかというと・・・。


オルタさんと比べてこの大きさです。
全長は台座も含めると2m30cmくらいはありそうですね。


オルタ「お釈迦様ですね。お祈りしておきましょう」


オルタ「それにしても大きいですね~」

「事前にネットの写真とかでは見てたけど、実物はかなり大きいよなぁ」


オルタ「こんなに大きい像をどうやってここまで運んだんでしょうね」
   「まさか誰かが担いで・・・?」


「いやいや!世界一の力持ちでもこの像は絶対無理だよ」

オルタ「では、どうやって・・・?」

「ん~、多分ヘリでここまで上げたんだろうね」


「さぁて、少し腹ごしらえしていく?」

オルタ「あら、今日は何も持ってこなかったのでは?」

「水は忘れたけど、食べ物は持ってきたんだよ」


オルタ「コンビニの御握りですね」

「手作りしてる余裕はなかったんでコレで勘弁ね」


オルタ「こういう場所で食べるお弁当は何でも美味しいものですよ^^」


オルタ「ほら、シャケが入ってますよ。マスターも一口どうですか?」

「いや、俺は何だか食欲が無いからいいよ」

撮影用に一口かじりましたが、余計に喉が渇いただけでした(´Д`。)

と、ここで剣ヶ峰でも会ったオジサンオバサンご一行が山頂に到着したようです。
きりが良かったので、ココでオルタさん撮影は終了となりました。

山頂で30分ほど休んでから下山開始です。

行きはよいよい、帰りは・・・地獄が待っていました(゚Д゚)




途中、少しでも空腹を紛らわそうと、持参したカロリーメイトを一口食べてみましたが・・・。

少しだけ残っていた口の中の水分が全部持ってかれた!

喉の渇きが最悪な状態になりました;;

ちょっとでも考えれば、カロリーメイトを食べると水が欲しくなるのは分かるはずなのに、
もうそんな事もわ分からないほど思考回路が麻痺していたのでしょうか。


20分ほど歩いたら10分休憩とかを繰り返して、ヘロヘロになりながら最初の駐車場まで戻ってきましたよ。

色んな人に抜かされまくって、最後には70代くらいのお爺さんにも追い抜かれました(´Д`。)
『あんたは写真が目的なのかい?』と聞かれましたので、
「写真もそうですが、山登りが目的です」と適当に返答しちゃいました。
もう疲れて喋るのすら辛かったものでして・・・。

駐車場に着いたのが15:30近かったので、実に9時間も山の中を水無しでさ迷い歩いていたわけです。
天候が意外にも持ってくれたのが不幸中の幸いでしたね。
これで雨なんか降られてたら、レインコート等持って来ていない私はびしょ濡れになって、
今頃は熱を出して寝込んでいたことでしょう(´・ω・`)

また山に登るかと聞かれればもう登りませんと即答しますが、数ヶ月経ったら山が恋しくなるのでしょうか?

今回がドールを連れての最初で最後の山登りかもしれませんね^^;

ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

スポンサーサイト
タグ : オルタ 登山
コメント
お疲れ様です♪
オルタさんは、無事ですか?
結構な高さがあるじゃないですか…………。
本当に回収できるところでよかったですね〜(。-_-。)
水なしで、登山はきついですよ…しかも、1000m越えてる山だし……。
無理なさらずにね……。
大仏様は、昔の人は、担いであがったのかもしれませんね♪
【2013/07/11 14:49】 | さのじ #- | [edit]
 お疲れ様でした。
 オルタさん無事で良かったですね。
 でぃあずさんもね。
 やっぱり水分補給は大切ですよね。
 9時間ということは、わたしの縄文杉とあまり変わりないじゃないですか。水を飲みまくってもクタクタになったのに(飲み過ぎてクタクタになった?)、水無しではさぞかし辛かったことでしょう。
 熱中症にならなくて良かったと思います。
 山の上で熱中症ってシャレになりませんものね。
 わたしは何時間もかかる山登りはもうしないです。無理^^;
【2013/07/11 18:54】 | エフェ #JalddpaA | [edit]
お疲れ様です^^
オルタさんが無事でなにより^^;
転がって行った写真を見たときは、思わずオルタさ~ん!って叫んでしまいましたw
9時間も水分補給なし・・・想像しただけでも((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
とにかく無事??にでぃあずさんが帰ってこれて本当によかったです(*´ω`*)
【2013/07/11 22:43】 | ヤンデレラ #- | [edit]
さのじさん、こんばんは~

> オルタさんは、無事ですか?
> 結構な高さがあるじゃないですか…………。
> 本当に回収できるところでよかったですね〜(。-_-。)
数メートル落下でしたが、斜面を転がっての落下でしたし、柔らかい地面でしたので問題はなかったです^^
まぁ、これが崖の上から転がり落ちたなんて言ったら、洒落になりませんけどね^^;
こういう場所だからこそウッカリしてました(´・ω・`)

> 水なしで、登山はきついですよ…しかも、1000m越えてる山だし……。
> 無理なさらずにね……。
> 大仏様は、昔の人は、担いであがったのかもしれませんね♪
かなり汗をかきましたから、今思い出すと熱中症がかなりやばかったですね。
頂上からの帰り道は、なるべく汗をかかないように休み休み行きましたし、
日向ではなるべく立ち止まらないようにしてましたので。
今度別な山にでも行く機会がもしあったら、命の水は忘れないようにしたいですね(`・ω・´)
昔の人は巨人だったので運べたとか・・・( ゚д゚)
組立て式大仏とかだったらいけるかもですねw
【2013/07/11 23:53】 | でぃあず #- | [edit]
エフェさん、こんばんはー

>  オルタさん無事で良かったですね。
>  でぃあずさんもね。
何はともあれ無事生還できてよかったですよ。
なかなか前に足が出なかった帰り道では、もし熱中症にかかって動けなくなったらどうしようって
かなり不安でしたからね。
単独登山は頼れる人がいないので危険度が増しますよねぇ。

>  やっぱり水分補給は大切ですよね。
>  9時間ということは、わたしの縄文杉とあまり変わりないじゃないですか。水を飲みまくってもクタクタになったのに(飲み過ぎてクタクタになった?)、水無しではさぞかし辛かったことでしょう。
>  熱中症にならなくて良かったと思います。
>  山の上で熱中症ってシャレになりませんものね。
>  わたしは何時間もかかる山登りはもうしないです。無理^^;
行きよりも帰りの方が早いと一般的には言われてますが、私の場合は逆でした^^;
釈迦ヶ岳から剣ヶ峰までの帰り道が実に長かった事・・・(´・ω・`)
永遠にたどり着けないのではないかと思っちゃいましたよ。
自分の体力の限界が分からなかったというのも不安を増大させましたね。
こういう行きで3時間もかかる山はもうこりごりですが、1時間くらいで登れる山なら
ハイキング感覚でいいかもですね。
今度は水を持ってですけどw
【2013/07/11 23:59】 | でぃあず #- | [edit]
ヤンデレラさん、こんばんは!

> オルタさんが無事でなにより^^;
> 転がって行った写真を見たときは、思わずオルタさ~ん!って叫んでしまいましたw
助けられる場所でほんとによかったですよ。
断崖絶壁じゃなくても、何十mもの急斜面はいくらでもありますからねぇ。
でも、転がったリュックを見てほっと胸をなでおろした反面、
これはブログのネタにいいね!という事でちゃっかり写真を撮ったでぃあずでしたw

> 9時間も水分補給なし・・・想像しただけでも((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
> とにかく無事??にでぃあずさんが帰ってこれて本当によかったです(*´ω`*)
お蔭さま?で喉は炎症をおこして歯の痛みまでも引き起こす事態になってしまいましたが(´Д`。)
とにかく水の大切さが身にしみた登山でしたよ・・・。
あと、下山して、山の駅たかはらで飲んだアイスコーヒーの美味さは格別でしたね!( ・∀・)
美味すぎて250円もするコーヒーを2杯も飲んでしまいましたよ^^;
【2013/07/12 00:06】 | でぃあず #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://dears102.blog.fc2.com/tb.php/421-6773fc16

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。