スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

べ、別に怖くなんてないんだからねっ!(震え声)

 2012-12-03
え~、タイトルはアレですがw、瀬戸合峡の2回目をお届けします~♪

では早速、瀬戸合峡遊歩道の方に行ってみましょう。


これが瀬戸合峡遊歩道入口となります。

ただの遊歩道入口にしては結構豪華な作りになってますね~

開門時間が9:00~16:00になってますので、中に遅くまでいると門が閉められてしまうので要注意です^^;

夕焼け時期とかは更に美しい景観になるとは思うのですが、その時間までいられないのが残念ですね。

ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

遊歩道に入ると川俣ダムまで緩やかなスロープが続いています。

これなら小さいお子さんやお年寄りにも優しい歩道ですね。

歩道のところどころに「猿の糞に注意してください」との注意書きが貼ってありました。
清掃が行き届いてるのか歩道は全然綺麗でしたが、こういう注意書きを見ると山奥に来たなぁって
感じがしますねw


川俣湖が見えてきました。

かなり大きいですが、これでも全体の1/10も見えてないんですよね。


そして川俣ダムです。

前回の見晴らし茶屋から見たアングルと比較すると、視点が低くなっているのが分かりますね^^

こういう景観はやっぱり広角レンズで広々と撮ってみたいですね~


ダムの管理事務所の隣に、また瀬戸合峡遊歩道入口がありますw

何個入口があるんじゃ~い!って感じですが、どうやらここからが遊歩道本番のようです。


遊歩道はこんな感じです。

歩道両側の柵は見た目を木に似せただけのものですので、かなり硬くて頑丈です。

私としては見た目や手触り踏んだ感触からいっても、本物の木を使って欲しいところですが、
だんだんと腐って崩れてしまう木よりは、コストパフォーマンスがいいんでしょうけどね。


遊歩道から見た景色は紅葉よりも黄葉が目立ちましたね。


しばらく進むと展望デッキに辿り着きました。

「禁煙」の文字が景観を損ねていると言えなくも無いw


京子「ふぅ~、下ったり登ったりでちょっと疲れましたね」

「そんな距離は無かったけど、高低差がありすぎて耳キーンとなったわ」


京子「え?そんなに高低差ありました?」

「いや、真面目に答えなくてもいいよ^^;」


京子「ここから私達がさっき居た見晴らし茶屋が、よく見えますね」

「お、どれどれ」


「お~、なるほど。あんな上からこっちを見ていたことになるのか」

京子「山の上の方ですものね」


最大望遠で茶屋を撮影。

18-55mmの標準ズームレンズなのでこれが精一杯です。


京子「さっき私が座っていた手摺りの下って崖になってたんですね」

「観光客がちらほら見えるよね。まぁ、もしあそこから落ちたら助からないだろうね」

手摺りも危ないですが、茶屋の方が凄く危なく見えるんですけどw
崖からはみ出して建ってるように見えます^^;


展望台を過ぎると、すぐに吊橋が見えてくるのですが、その脇に「天使の鐘」が設置してあります。

なんでも、吊橋がかかる右側は標高1,000mの山になっていて、その周辺に春から秋にかけて
イワツバメが飛び交うそうです。

イワツバメは、オスカーワールドの童話の「幸福の王子」という物語で幸せを運ぶ鳥として登場していて、
鳴らせば幸せになれるようにと、この地に「天使の鐘」を設置したと説明書きがありました。

まぁ、観光地の客寄せによくありがちですね^^;


どんな音色なのかと鐘を鳴らしてみました。

※鐘の音が少々煩いので、動画再生時には音量に注意してください。


「どうだ、京子も鳴らしてみるか?」

京子「あ、有難うございます、ご主人様」


京子「んしょっと」

ゴーーーーーーン!

「お、何をお願いしたんだ?」

京子「もちろん、ご主人様とずっと一緒にいられますように、ですよ~^^」

「そかそか^^」


吊橋に先客がいたので、居なくなるまでひたすら待ってました。

京子「吊橋に行かないんですか?」

「今は人がいるからちょっと待ってね」


京子「ここから見る吊橋も結構大きいですよね~」


吊橋上に誰も人が居なくなったので、いざ出陣です!(`・ω・´)


吊橋の入口には、橋名板のように、左側に漢字で「瀬戸合峡渡らっしゃい吊橋」、
右側にひらがなで「せとあいきょう わたらっしゃいつりばし」と書かれてます。


橋を渡りきった先は行き止まりという特殊な吊橋で、元々はダム管理用で関係者以外立入禁止
だったのを、整備して一般開放したという観光者向けの吊橋です。


京子「ご、ご主人様、い、行ってみましょうか」

「なんだ~?怖いのか?」

京子「そ、そんなことはありませんよ!」


吊橋上から見る川俣ダムは、クレストゲートやコンジットゲートがはっきり見えて迫力がありますね。

これで放流でもしたら落差100m以上の人口の滝になって大迫力になるんでしょうけど、
河川維持の放流はしても、上部の6門あるクレストゲートからの放流は、2006年の1度だけしか
やってないようですね。

ちなみに、川俣ダムの提高は117mで、ドーム型アーチ式コンクリートダムになります。


いい感じで青空が広がってきましたが、ドール撮影には天敵の風がかなりあるんですよねぇ(´Д`。)


京子「ご主人様~、風が凄くて飛ばされそうですよ~><」

「足を踏ん張って耐えるんだ~」

強風で京子のウィッグだけすぽ~んって飛ばされないか冷や冷やものでしたw




「京子、下を見てみろ~、絶景だぞ」

京子「あう~、なかなか下を覗けないです;;」


この高さは高所恐怖症じゃなくても足がすくみます。


一瞬だけ風が止んだので、何を思ったのか吊橋の手摺りに座らせてみましたよ。

京子「えっ、ちょっちょっと、ご主人様!?」

「吊橋に来たからには、これを体験しておかないとね」

京子「し、下があんなに遠くに見えますよ(´Д`。)」

「下を見るんじゃな~い、吸い込まれるぞ」

京子「ご主人様、ちゃんと足を押さえていてくださいね」

「お~、しっかり持ってるぞ~」


京子「ご主人様、ちゃんと持ってますか~?」

「お~、任せとけ~」

京子「って! 手離してるじゃないですか!?」

「あ、ちょっとした弾みでねw」

こんな危険な場所での手放し撮影、やろうかどうかかなり悩みましたよ。
なにせ、風が吹いたり吊橋が揺れたりして京子のバランスがちょっとでも崩れると
奈落の底に真っ逆さまですからねぇ・・・。

以前のスカイツリーでの撮影も心臓バクバクでしたが、この時も違う意味で
心臓が破裂しそうでしたヽ( ´ー`)ノ


ちなみに吊橋の真下はこんな感じです。

落ちたら助かるわけがないのは明白ですよね。


「どうだ~、なかなかの眺めだっただろ」

京子「はぅ~、腰が抜けちゃいました・・・」


「俺も何だか冷や汗が出たよ」

京子「あまり無茶はしないでくださいよ」


橋を渡りきると行き止まりです。

出来れば向こう側にもハイキングコースを作って欲しかったですけどね。


時刻は11時過ぎ。

京子と吊橋の撮影が終わったころに、観光客がどっと押し寄せてきました。


吊橋を渡るだけの動画です^^;

ちょっとでも京子の撮影が遅れていたら、沢山の観光客にもまれて撮影不可能だったでしょうね。

人の目とかよりもこれだけの人数が吊橋を歩いていると、揺れが半端ないですからね。



さて、そんなわけで、瀬戸合峡を後にした私達ですが、今日はダム巡りが目的でもあるんですよね^^

次回は鬼怒川をどんどん下っていって、その途中にあるダムを紹介していこうと思います。

では、またね~


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ : 京子
コメント
 また無茶しちゃって^^;

 眺めが雄大ですね。

 茶屋も恐いですね。
 ああした作りの家とかたまに見かけますけど、わたしには絶対に住めません^^;

【2012/12/03 23:12】 | エフェ #JalddpaA | [edit]
鐘ってどこにでもありますよね。特にカップル向けに・・・
「幸福の王子」のツバメにあやかるってことは、
誰かの犠牲で自分達幸せ!ってことなのかな?って捻くれた考えの私がいますw
この童話は好きなのですがね。
【2012/12/03 23:22】 | 未蟹B #DhuRAo1g | [edit]
おはようございます(^^)/

遊歩道の入り口が複数あるってのも面白いですね。
最初の入り口はでぃあずさんと京子ちゃんを引っ掛ける
トラップだったんですよ、きっとww

展望デッキの「禁煙」の文字、たしかにこれは景観を損ねますね…
せめてピクトグラムか何かでって思いましたがわざわざ禁煙表示を
貼らなければいけないというのもまた考えもんですかねぇ…
(喫煙される方には申し訳ないですが…)

それにしても茶屋の位置、凄い所に建っているんですね。
ダムといい吊り橋といい今回の記事のキーワードは「高い」でしょうか(^^)b
腰の抜けた京子ちゃんがまた可愛いです♪
でもあまり怖い思いをさせちゃダメですよ、でぃあずさん(^^;)
【2012/12/04 04:33】 | shibu #YnKltkm. | [edit]
エフェさん、こんばんは~

>  また無茶しちゃって^^;
せっかく吊橋に来たからには、吊橋上で撮らないと意味が無いですからね~w
橋の手すりの上での撮影は、今まででいちばんドキドキしましたが^^;

>  眺めが雄大ですね。
峡谷にダムに吊橋と見るポイントが多くて飽きない場所ですね~
吊橋でスリルも味わえますしw

>  茶屋も恐いですね。
>  ああした作りの家とかたまに見かけますけど、わたしには絶対に住めません^^;
茶屋での撮影時には全然分かりませんでしたが、ダム側から見たらとんでもない場所に建ってましたね。
お店の人は年中ずっと住んでるのか、営業時間になったら茶屋に来るのか分かりませんが
場所が場所だけにゆっくりと寝られないですね^^;
【2012/12/04 18:42】 | でぃあず #- | [edit]
未蟹Bさん、こんばんはー

> 鐘ってどこにでもありますよね。特にカップル向けに・・・
お一人様で鐘を鳴らしても虚しいだけだったりw
カップルはもう幸せでしょうから鳴らさなくても問題無いですw

> 「幸福の王子」のツバメにあやかるってことは、
> 誰かの犠牲で自分達幸せ!ってことなのかな?って捻くれた考えの私がいますw
> この童話は好きなのですがね。
幸福の王子の題名だけ聞くと内容が思い浮かんでこなかったのですが、
wikiで調べたら子供の頃読んだ童話でしたね^^
ツバメから幸福を貰った人はいいでしょうけど、自己犠牲精神の王子側からみるとどうなんでしょうね。
最後に天国でツバメと王子が永遠に幸福になって、ちゃんちゃんで終わってますけどね^^;
【2012/12/04 18:52】 | でぃあず #- | [edit]
shibuさん、こんばんは~

> 遊歩道の入り口が複数あるってのも面白いですね。
2番目の入口はダムの管理事務所の横にあり、そのままでは分かりづらいので
誘導の為に設置したと思いますが、それならまた入口っていうのも変かなぁとw
もしかしたら最初の入口は遊歩道を延長して、後から付けたのかもしれませんね。

> 展望デッキの「禁煙」の文字、たしかにこれは景観を損ねますね…
こういう眺めのいい場所で一服したい気持ちは分からないわけではありませんが、
火の不始末が山火事などの大惨事にもなりかねませんから致し方ないところでしょうか。
私は一切吸いませんので何の問題もないですけどねw
美観景観を損ねますが、大げさにアピールしておかないと吸う人がいるんでしょうねぇ。

> それにしても茶屋の位置、凄い所に建っているんですね。
> ダムといい吊り橋といい今回の記事のキーワードは「高い」でしょうか(^^)b
茶屋は完全に宙に浮いてますものね^^;
細い山道を登って来たら結構立派な茶屋があったので驚いたのですが、
地面からはみ出して建ってたとは予想外でした。

> 腰の抜けた京子ちゃんがまた可愛いです♪
> でもあまり怖い思いをさせちゃダメですよ、でぃあずさん(^^;)
京子はあんまり吊橋を喜んでくれなかったようで^^;
風が強すぎたのがいけなかったんですよね。
でも、私自身は吊橋大好き人間なので、今後も機会があればどんどん娘達を連れて行きますよw
【2012/12/04 19:10】 | でぃあず #- | [edit]
絶景なんだけど・・・見てるだけで、足がすくみます。怖い、怖いですよ~。
私は、行っても遊歩道と、スロープまでですよwww

これ怖くない、でぃあずさんすごすぎですね~w
でも、ほどほどにね~
京子ちゃん、かわいいですね~
でも、無茶しすぎな気もしますが・・・?
【2012/12/04 20:31】 | さのじ #- | [edit]
風つよっ!
景色が良くても、こんな状況でまで覗き見や手すりに座らせるとか心臓に悪すぎですよ(;´Д`)
でも人が来る前に撮影できて良かったですw
自分は吊り橋は気にせずガンガン揺らしながら歩いちゃうタイプですね。あくまで作りがしっかりしてれば、ですが。
【2012/12/04 23:16】 | しきぶ #- | [edit]
ダムは風が強いことが多いですからね~
京子ちゃんは体が軽いから、注意してあげないと普通に舞ってしまいそうです(;´∀`)

吊り橋から見下ろす光景は、足が竦みそうです(>ω<ノ)ノ
しかも手摺に座るなんてー!
腰の抜けた京子とちゃんがちょっと可愛かったのはナイショ(*ノ∀`*)
【2012/12/04 23:23】 | むらまっは #- | [edit]
さのじさん、こんばんは~

> 絶景なんだけど・・・見てるだけで、足がすくみます。怖い、怖いですよ~。
> 私は、行っても遊歩道と、スロープまでですよwww
おじさんおばさん達が楽々渡ってますので安全ですから大丈夫ですよ~w
でも、風も強いのであんまり長時間吊橋上には居たくないですけどね^^;
高いところが苦手な人はちょっと無理かもしれません。

> これ怖くない、でぃあずさんすごすぎですね~w
> でも、ほどほどにね~
> 京子ちゃん、かわいいですね~
> でも、無茶しすぎな気もしますが・・・?
私が怖いのは他人の視線なのでw、観光地にある吊橋なら大丈夫ですよ~
でも京子を吊橋の手摺り上で撮った時は、一瞬脳裏に最悪の事態が思い浮かびましたけどね・・・。
京子を失うだけでなく、環境破壊にもなりかねませんのでほどほどにした方がいいですね(´・ω・`)
【2012/12/06 21:42】 | でぃあず #- | [edit]
しきぶさん、こんばんはー

> 風つよっ!
> 景色が良くても、こんな状況でまで覗き見や手すりに座らせるとか心臓に悪すぎですよ(;´Д`)
流石にあの動画の時の強風では手摺り撮影は無理ですよ^^;
一瞬だけ無風になることがあったので、これはチャンスとばかりに手摺りに座らせてしまったというわけですw

> でも人が来る前に撮影できて良かったですw
> 自分は吊り橋は気にせずガンガン揺らしながら歩いちゃうタイプですね。あくまで作りがしっかりしてれば、ですが。
あと数十分遅かったら、あの動画の通りに人で溢れかえってるところでした。
もう紅葉も見ごろを過ぎたというのに、あの絶景見たさに観光客は結構来ますね~
ワイヤーが金属製で丈夫なものを使用してる吊橋だったら、私も何の問題もないですねw
【2012/12/06 21:46】 | でぃあず #- | [edit]
むらまっはさん、こんばんは!

> ダムは風が強いことが多いですからね~
> 京子ちゃんは体が軽いから、注意してあげないと普通に舞ってしまいそうです(;´∀`)
アイキャンフライにならなくてよかったです^^;
手摺りの撮影は今までで一番恐怖を感じましたのでヽ( ´ー`)ノ
でも、吊橋に行くとどうしても無茶な撮影をしたくなりますね^^;

> 吊り橋から見下ろす光景は、足が竦みそうです(>ω<ノ)ノ
> しかも手摺に座るなんてー!
> 腰の抜けた京子とちゃんがちょっと可愛かったのはナイショ(*ノ∀`*)
下までの距離は咲夜さんと行った、つつじ吊橋に匹敵する高さですね。
つつじ吊橋の方は、地面は草木に覆われてよく見えない分怖さは半減しますが、
ここは真下が丸分かりですから恐怖も倍増です><
私も京子と同じく吊橋上でしばし放心してましたw
【2012/12/06 21:57】 | でぃあず #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://dears102.blog.fc2.com/tb.php/299-e34a07f7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。