スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

オルタさんと八方ヶ原へハイキングに行こう!

 2012-11-20
前回、山の駅たかはらの駐車場で素晴らしい紅葉を満喫しましたが、
今回の八方ヶ原散策はまだまだ序盤ですよ~

紅葉が最も見ごろなこの時期に、駐車場のモミジだけで終わるなんて勿体無いですからね^^


大自然の中のオルタさんを沢山撮ってきました。

濡れた岩等なんのそので、脅威のスタンド無し直立を見せてくれました。


ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


太陽が分厚い雲に覆われてきました。

本日の青い空も早々と見納めです。


山の駅たかはらを出て、県道56号を北上すること10分あまり。

イニシャルDで有名な、あの4連のスネークヘアピンへと辿り着きます。

ここは素練橋からの眺めです。


こちらは咆哮霹靂橋の上から。




ここから見る山肌の色とりどりの紅葉は、息を呑むほど素晴らしい景観ですね。

曇り空なのが残念すぎですけど(´・ω・`)


画面中央に見えるトンネルは「雄飛トンネル」です。

イニDの拓海がブラインドアタックを仕掛けた場所として有名?


4連スネークヘアピンを過ぎるとすぐに、目的の「雄飛の滝線歩道」の駐車場に着きます。

今回はこのハイキングコースから、スッカン沢の美しい渓谷や様々な滝を見て回ろうという趣旨です。

去年の秋は、咲夜さんと共に「山の駅たかはら」から直接ハイキングコースに入りましたが、
あっちは距離もありますし、何より高低差がきついので、
咆哮霹靂の滝まで行って帰ってくるとかなり膝にくるんですよね^^;


オルタ「このコースには滝が3つもあるみたいですよ」

「なかなか見所が多そうだね~」


オルタ「朝の太陽がどこかに隠れちゃいましたね」

「ちょっと残念だよね。雨が降らない事を祈るしかないけど」


駐車場の脇から歩道が続いていたので行ってみる事に。

少し歩いた先には早々と滝がありましたよ。


オルタ「この滝は、上の県道からでも見られそうですね」

「どこにも名前が無いからちゃんとした滝なのか分からないけどね」

駐車場脇から続いていた小道はすぐに県道へと繋がってました。
この滝を見るだけの遊歩道みたいですね。

てっきり「雄飛の滝線歩道」かと思って進んでましたよw


実際の「雄飛の滝線歩道」は駐車場から県道をまたいだ反対側にありました。

この急なコンクリート階段を下りるとすぐに未舗装の歩道となり、
右手にスッカン沢をちらちらを眺めながら緩やかに下っていきます。


途中で休憩。

オルタ「川の流れる音しかしないですね」

「ザーっと流れる音をBGMにして歩くのもいいもんだよな~」


時刻は8時を回ったばかりです。

駐車場には何台か車が止まっていたので、このハイキングコースに誰かいるのは明白でしたが、
この辺りは人の気配がしなかったですね。

皆さんもう奥の方に行っちゃったのかな?


オルタ「落ち葉がふかふかですよ~」

「結構滑りやすいから気をつけてね」


すぐ右側は急斜面という階段上から。


オルタ「下を流れてる川がよく見えますよ」

階段上は結構狭いので、自分の体がぶつかってオルタさんを落としたりしないか冷や冷やものです^^;


階段上のポーズが全部同じに~(´・ω・`)

パーカー+ロングウィッグだったので、リュックを両肩で背負うと隠れちゃうので
片側だけで背負わせました。


スッカン沢の紅葉も見ごろを迎えていました。


更に歩を進めると小さな橋に出ました。

雨などで濡れた板の上に落ち葉が積もってる状態がいちばん滑りやすいんですよね><


ここでも何枚か撮りました。


オルタ「マスター、夢中になって橋から落ちないでくださいね」

「オルタさんこそ川へドボンはしないでね」


オルタ「こういう場所はいくら居ても飽きません」

「オルタさん、自然が好きだものね~」


「でも、まだまだ先が長いからそろそろ行こうか」

オルタ「そうですね。メインディッシュの滝が待ってますし」


5分ほど進むと「素連の滝」の看板がありました。

しかし、上の橋は「素練橋」になってたし、遊歩道入り口の案内板には「素簾の滝」となってるし
いったいどれが正解なのかw


看板にしたがって急斜面を下りて行くと沢に出ました。

辺りを見回してもそれらしい滝が見当たらなかったので、てっきりこれが素連の滝かと思いましたが
説明文では「歩道の対岸の岩肌をいく筋にもなって流れ落ちる滝」となってましたので違いましたね^^;

よく説明文を見ておけばよかったです(´・ω・`)


水がめちゃくちゃ青々としてるんですが!


水量も豊富で流れも急なので、近くで見ると迫力ありますね。


えっなに? もっと近くで川を見たいって?

これでも十分近いとは思うんだけどな。

ん?あれをやらないと気がおさまらないって? あれか~やっぱりアレをしたいのねw


ということで、うちの子のほとんどがマスターしている、川の覗きこみですw

バリエーションで吊橋からの覗き込みやダム覗き込み等多数ありますw

この岩、全体が濡れているので、油断してるとつるんと川の中です。

オルタさんも手を滑らせるとあっという間に流されてしまうので、なかなか緊張感のある撮影でした^^;


「どうだい?もう十分堪能しただろ?」

オルタ「そうですね。これ以上見てると何だか吸い込まれそうですし」

「落ちたら救出が絶望的なので、間違っても吸い込まれないでよね^^;」


下は落ち葉でつるつるで、後ろは濁流の渦と、撮影が過酷さを増してきましたよ^^;


オルタ「最高に気持ちいいですよ~」
   「マスターの顔は引きつってるようですけど」


「よし、ここでのミッションはクリアだ!」
「とっとと引き上げるぞ~」


まるでソーダ水のように青白い水。

これはスッカン沢が高原山のカルデラ跡を水源とした、鉱物や炭酸等の火山の成分が含まれる水が
流れてるからみたいですね。

そして、このスッカンの由来は、この沢の水が辛くて飲めない事から「酢辛い沢」と呼ばれ、
それがなまってスッカン沢になったそうです。


上から見るとそのコバルトブルーの青さにビックリします。

飲んだら甘そうで凄く美味しそうなんですがw


今日はここまでです。

次回はまともな滝と遭遇しますよ~


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
タグ : オルタ
コメント
こんばんは~

水が青いですね~ 美瑛の青い池と同じ感じがします。
オルタさん、この条件の悪い足場でよく立ってますね~
そりゃ撮ってる方は顔もひきつりますよねw
そしてでぃあず家の定番の覗きこむポーズ。下から5枚目とか腕立て伏せみたいに見えなくもないですw
【2012/11/21 02:16】 | 冬音 #a2H6GHBU | [edit]
 色とりどりの紅葉が美しいですね。
「落ち葉がふかふかですよ~」の写真は、とっても自然な雰囲気で自立撮影の良さが出てますね。やっぱり野外撮影は自立がいいのですね。しかし、平ではない地面で自立って大変そう。
 恒例の覗き込み写真は、「はい、恐い」です。川にドボンしたら、救出不可能だと思うと、わたしには無理です^^;
 でも、一番恐いのは川の前で自立しているのですね。あれ、後ろに倒れたら、と思うと無理無理^^;
 
【2012/11/21 05:37】 | エフェ #JalddpaA | [edit]
紅葉絶景できれいですね~w

そして・・・
うわ~危険な行動いっぱいだ~www
スタンドなし(あっても一緒?)で、立ってる・・・どこでも立ってるw
見るからに、落ち葉とぬれ場と、苔って・・・。無理無理・・・私には無理w
でぃあずさんは、すごいの一言です!!尊敬しますよ~w
【2012/11/21 08:52】 | さのじ #- | [edit]
冬音さん、こんばんはー

> 水が青いですね~ 美瑛の青い池と同じ感じがします。
かなり綺麗なブルーだったのでビックリしましたよ。
水の成分がそうさせてるようですが、こんなに青いと不思議です。

> オルタさん、この条件の悪い足場でよく立ってますね~
> そりゃ撮ってる方は顔もひきつりますよねw
川辺とかはちょっとでも風が吹いたらアウトな場所ですね。
ドールから一瞬だけ手を離して、撮影後にすぐドールを掴むの繰り返しでした^^;
もし川に落ちて救出不可になっても自己責任なので、お勧めはできませんけどねw
撮ってる側は必死の形相をしてたと思いますよw

> そしてでぃあず家の定番の覗きこむポーズ。下から5枚目とか腕立て伏せみたいに見えなくもないですw
確かに腕立せ伏せみたいに見えますねw
本来はちゃんと膝を地面について、顔を上に向けられればいいのでしょうけど、
オルタさんの首間接は改造してないノーマルなので、首があまり上に向かないんですよねぇ・・・。
【2012/11/21 18:25】 | でぃあず #- | [edit]
エフェさん、こんばんは~

>  色とりどりの紅葉が美しいですね。
紅葉あり、川あり、滝あり、吊橋ありでなかなか見所の多いハイキングコースでしたね^^
傾斜の緩い道が多かったのでハイキング初心者にはうってつけのコースでした。

> 「落ち葉がふかふかですよ~」の写真は、とっても自然な雰囲気で自立撮影の良さが出てますね。やっぱり野外撮影は自立がいいのですね。しかし、平ではない地面で自立って大変そう。
落ち葉の場所はゆるやかに下ってるので、撮影する時間よりも、自立させる時間の方がかかりますねw
こういう場所でももし倒れてヘッドが尖った石なんかに激突すると破損の可能性もありますから油断はできません。
でも、自立撮影がやめられないのはドール自身が自分の力で立ってるという自然な写真が撮れるからでしょうね。
スタンドだと、どうしてもスタンドによって立たされてるという感じが強くなってしまいますので。
そうはいっても三脚の上とかでの撮影はさすがにスタンド使います^^;
三脚の高さから落ちたら確実にどこか破損しますので(´・ω・`)

>  恒例の覗き込み写真は、「はい、恐い」です。川にドボンしたら、救出不可能だと思うと、わたしには無理です^^;
>  でも、一番恐いのは川の前で自立しているのですね。あれ、後ろに倒れたら、と思うと無理無理^^;
自分でもかなり無茶してるなとは思いますw
こういう危険な撮影は一度失敗(破損や流されて救出不可)でもしない限り、なかなかやめられませんね^^;
ある意味自分でもスリルを求めているのかなぁと思ってます。
今のところ全員無事ですが、今後こういう危険な野外撮影を続けていく以上、どこかで何かが起こりそうです・・・。
その時、ショックでドール趣味終了とかにならないことを祈るだけですw
【2012/11/21 18:37】 | でぃあず #- | [edit]
さのじさん、こんばんは!

> 紅葉絶景できれいですね~w
新緑の季節もいいですが、やっぱり色とりどりの紅葉が楽しめる秋が、ハイキングコースを歩いてて
いちばん楽しいですね^^

> そして・・・
> うわ~危険な行動いっぱいだ~www
> スタンドなし(あっても一緒?)で、立ってる・・・どこでも立ってるw
> 見るからに、落ち葉とぬれ場と、苔って・・・。無理無理・・・私には無理w
> でぃあずさんは、すごいの一言です!!尊敬しますよ~w
勇気と無謀は紙一重ですw
これは自分でも結構無謀な事をしたなぁと思いますね。
娘に愛情深い人であれば絶対無理な行動でしょうかね・・・
とすると私は娘に愛情を注いでいないということになるのでしょうか・・・?
愛情があるからこそ大自然と一体化した写真を撮りたいという願望からくる行動とも・・・。
ともかく、人には絶対お勧めはできないですね^^;
スカイツリーでの撮影のような大勢の人の中でドール撮影するとはまた違った緊張感ではありますがw
【2012/11/21 18:45】 | でぃあず #- | [edit]
遠くから眺める山々の紅葉も絶景です!
丁度良いタイミングですね~(お天気は残念ですが)
橋の上の手すりに座っている写真、ちょっとびっくりですよ~(;゚Д゚)
落ちないかと冷や冷やです。

【2012/11/22 00:04】 | むらまっは #- | [edit]
目に見えて青い川って面白いですね~
それにしても背景濁流で、岩の上立ちは見てるこちらもヒヤヒヤしますね ((((゜Д゜;))))
オルタさんが無事でよかったです ヽ(´ー`)ノ
【2012/11/22 08:04】 | BEC #- | [edit]
むらまっはさん、こんばんは~

> 遠くから眺める山々の紅葉も絶景です!
> 丁度良いタイミングですね~(お天気は残念ですが)
紅葉はジャストタイミングでしたが、天気は朝日が嘘のように崩れていってしまいましたね;;
でも、紅葉は待ってくれませんから多少の天気の悪さは我慢するしかないですね~

> 橋の上の手すりに座っている写真、ちょっとびっくりですよ~(;゚Д゚)
> 落ちないかと冷や冷やです。
橋の手すりといっても平坦な場所ですから、まだまだ初心者向けの場所ですよw
吊橋と違って揺れませんしね^^;
もし落ちたら下に降りるのにかなり遠回りしなくちゃならないので、救出に時間がかかりそうですがw
【2012/11/22 22:06】 | でぃあず #- | [edit]
BECさん、こんばんは!

> 目に見えて青い川って面白いですね~
海の青さとはまた違った色で、何とも爽やかな気分になりました^^
こんな綺麗な色をしている代償として、魚が住めない川になっちゃってますが(´・ω・`)

> それにしても背景濁流で、岩の上立ちは見てるこちらもヒヤヒヤしますね ((((゜Д゜;))))
> オルタさんが無事でよかったです ヽ(´ー`)ノ
普通の人でも滑ったら危険なので、こんな場所でスナップ写真を撮る人はまずいないでしょうねw
でも、ちょっとでも直立できる可能性があるならスタンドを使わない方が自然な写真に仕上がるんですよね。
フォトショなんかの画像編集ソフトがあると、ちょちょいとスタンド消したりできるんでしょうけど・・・。
家に帰ってくるまでが遠足ですしね^^
【2012/11/22 22:16】 | でぃあず #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://dears102.blog.fc2.com/tb.php/293-2866f56b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。