FC2ブログ

懐かしのお宝発掘シリーズその1(ゲームブック編)

 2014-05-19
年末などに大掃除をやると、押入れの奥から子供の頃遊んだ、懐かしい物が出てきたりして
ついつい掃除の手を長時間休めてしまうことってありますよね^^

今の私はアパート暮らしで、何回も引越しを繰り返しているので、そんなに古い物はないのですが、
実家に帰ると学生時代に熱中していた物が見つかって、懐かしくてつい持って帰ってきてしまいます^^;

今日はそんな中から「ゲームブック」を取り上げてみましょう。


チルノ「なぁ、兄ちゃん。コレは小説なのか?ゲームって書いてあるけど」

「それは俺が中学生の頃に流行った、ゲームブックってやつだな」
「実家に帰ったときに大量に保管されてたんで、懐かしくて全部持ってきてしまったよ」

霊夢「おっ!何だか面白そうだな^^」
   「サイコロもあることだし、早速やってみようぜ~」



ゲームブックとは、簡単に言えばアドベンチャーゲームを本にしたものですね。
まずプレイヤーは最初にサイコロを振って、技術、体力、運などのパラメータ決めたりして、
自分の分身を作ることからスタートします。
本の中身は、下記のような数字が振ってある、選択肢付きの短い文章で埋め尽くされています。


(71) 敵が現れた!どうする?

敵と戦う → 156へ
敵から逃げる → サイコロを1個振れ
            自分の運ポイントよりも低ければ逃走成功だ → 105へ
            高い場合は逃走失敗だ → 380へ


プレイヤーは選択した数字の振ってあるページへ飛んだり、サイコロを振って戦闘や運試しをしたりして
最終的には迷宮などから脱出できればゲームクリアとなります。


1984年12月に出版された、この「火吹山の魔法使い」で大ブレイクしたと言っても過言ではないでしょう。
私が買ったのは残念ながら初版ではなく、1985年7月発行の第27刷でしたが、
その時は既に世の中はゲームブックブームの渦中にあり、各出版社がこぞって発売していました。
私も少ない小遣いの中で、毎月のように発売される新刊を買い漁ってましたよ^^

その時、既にファミコンがありましたが(1983年発売)、グラフィックレベルはまだまだ低く、
小説をゲーム化するのは難しい時代だったことから、ゲームブックの需要は高かったですね。
ゲームソフト自体も1本数千円するので、500円程度で購入できるゲームブックは
冒険心を抑えきれない少年たちの心をガッチリと掴んだわけです^^
豊富な挿絵にもワクワクさせられましたね(*´ω`*)


ランキング参加中です~
1日1クリックお願いします(`・ω・´)

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

懐かしのお宝発掘シリーズその1(ゲームブック編) の続きを読む

スポンサーサイト



タグ : 霊夢 チルノ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫