FC2ブログ

仮面ライダー変身ごっこ Vol.3 【仮面ライダー1号編】

 2011-12-04
「時代が望む時、仮面ライダーは必ず蘇る――。」

故石ノ森章太郎の有名な言葉ですが、私はこの言葉を聞くと何だか前向きな気持ちになれるのです。

クウガから始まって現在も続いている平成ライダーシリーズ。
現代は平和のように見えても、未曾有の被害となった東北大震災や、終わりが見えない円高不況等、
時代は常に揺れ動き続けています。

そんな不安定な時代だからこそ、仮面ライダーシリーズは今も休みなく続いているのではないでしょうか。

みんなに勇気と希望を与え続けるために・・・。


さて、すっかり御馴染み?企画の『仮面ライダー変身ごっこ』の時間です。

今回はやっぱり原点に立ち返って、1号ライダーにしたいと思います。

でぃあず「では、今回はやっぱり京子にやってもらおうかな~」

    「お~い、京子~」

シ~~~~~ン

でぃあず「?? 京子さんや~」

シ~~~~~~~~~ン

でぃあず「むむむ、気配を察知して逃げられてしまったか・・・」

    「しょうがない。また咲夜さんにでもやってもらおうかな」

    「お~い! そこへ行く咲夜さんや。ちょっとおいで」

咲夜「何でしょう、ご主人様?」

でぃあず「ちょっと後ろを向いて、手を上に上げてね」

咲夜「え?こうですか。何をなさるんです?」

カチャカチャ

咲夜「ちょっ!? 何またベルト付けてるんですかっ!」

でぃあず「いやぁ、京子に逃げられてね。霊夢も遊びに行っていないようだし」

咲夜「もうあれっきりだって言ったでしょう」

  「んもう!自分で外せないんだから取って下さいよ~


でぃあず「そんな事言わないで、やってくれよおう」

    「世界中の子供たちが待ってるんだよおう」

咲夜「このブログはそんなにワールドワイドに展開してませんし、
   極々限られた人たちしか見てません!」


でぃあず「ぐっすん・・・」


咲夜「はぁ・・・何だか初回と同じ展開ですが、しょうがない、やってあげますよ」

でぃあず「流石は咲夜さんだぜ! 1号ライダーは咲夜さんしかいないと思ってたんだ」

咲夜「もう!調子が良いんだから」


咲夜「じゃあ、行きますよ!」

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

仮面ライダー変身ごっこ Vol.3 【仮面ライダー1号編】 の続きを読む

スポンサーサイト



タグ : 咲夜
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫